乳酸菌とアトピー効果 効かない意味ない悪化

【乳酸菌とアトピー】腸を健康にして効果!効かない?意味ない?悪化の可能性も?

【管理人おすすめの乳酸菌紹介記事はこちら】
管理人おすすめの乳酸菌を紹介します!

乳酸菌はアトピーに有効?腸が弱っているからアトピーになる

乳酸菌がアトピーに効果があるとされています。

 

 

これは乳酸菌がアトピーに効果があるのではなく

 

アトピーの人は腸が弱っている人が多い

 

ので、腸を健康にすればアトピーが改善すると考えられたところから乳酸菌がアトピーに有効だといわれているのかと思います。

 

 

実際のところアトピーなんていうものは、体の中の異常による過敏反応なので。
腸が弱っているのなら、腸を正常にすればよくなる可能性はありえます。

 

なので、アトピーに乳酸菌が有効なのかというと、腸内環境をよくする点で乳酸菌は有効だといえます。
アトピーで食事の見直しが有効だとされるのも、腸の状態をよくするためです。
たぶん。

 

 

腸は免疫細胞を生み出す気管でもあるので、腸が弱っていると免疫力が落ちアトピーがでるとも考えられます。

 

アトピーの原因として腸が弱っているからとも、よく言われています。

 

つまり乳酸菌がアトピーに有効というより。
腸内環境をよくする1つの方法として乳酸菌があり、アトピーに効果があるといえるわけです。

 

 

 

 

効かない悪化の可能性

乳酸菌を配合した製品となると、一番代表的なものはヨーグルトだと思います。

 

 

でもヨーグルトはいろいろな種類があります。
まんまデザートタイプのヨーグルトもありますよね。

 

 

なのですべてのヨーグルトがアトピーに効果があるとはいえないかもしれません。
ヨーグルトの種類によっては逆に悪化する可能性もありえます。

 

またヨーグルトは冷蔵品です。
冷たいものを食べると、おなかを壊してしまいます。
ヨーグルトを食べるときは、ゆっくり食べたいところです。

 

急いで食べるとおなかが冷えて、腸の機能が低下するので。
ヨーグルトはゆっくり食べるようにすべきです。

 

 

 

 

ヤクルトとアトピー

多くの人は乳酸菌と聞くと、ヤクルトを思い浮かべるのではないでしょうか。

 

 

ヤクルトはもっとアトピーに有効だと話題になってもおかしくない製品だと思います。
日本人にとっては、「乳酸菌=ヤクルト」だという人も少なくはないです。

 

実際のところ腸内環境を整えることでアトピーが改善するのなら、ヤクルトでもいいんですよね。
たしかヤクルトもアトピーとははっきり言っていませんでしたけど。
乳酸菌シロタ株がアレルギーに有効だという発表はしていたはずです。

 

 

もちろんヨーグルトの中には、アトピーに有効だとされている乳酸菌を配合しているものもあります。

 

 

LGG乳酸菌が特にアトピーに効果が高いイメージがあるかな。

 

 

まぁアトピーというのは、健康状態をよくすれば治る可能性があるので。
種類にこだわらず
「健康のためにヨーグルトを食べる」
ぐらいの意識でも、アトピーがよくなっていく可能性はあるかと。

 

 

腸が弱っているからアトピーになるというより。
腸が弱っていると、肌に異常がでやすい気がします。

 

寝不足だと肌荒れがでるというのも、眠らないと腸が健康にならないからかもしれません。
乳酸菌の摂取で美肌効果があるとも言われていますし。

 

 

乳酸菌の美肌効果というのは、根本的なものを改善する効果なんですよ。
なので、乳酸菌を美のために摂取するのはありだと思います。

 

体の中から健康になれば、外見にもでるわけですね。

【乳酸菌とアトピー】腸を健康にして効果!効かない?意味ない?悪化の可能性も?記事一覧

乳酸菌でアトピーをよくするのなら腸内環境を考える

乳酸菌摂取でアトピーを治そうとするのなら腸内環境をよくすることを考えてみてください。普段の食事で、腸に負担のかかるものを食べていたら、なかなかアトピーはよくならないというか、むしろ悪化するでしょう。「アトピーは食事の見直しで治る」という人もいますけど、それもようは腸内環境をよくすることに狙いがあるわ...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ