乳酸菌摂取が誇らしく思える

乳酸菌を断続して摂取することを誇らしく思う!健康への意識を高める

【管理人おすすめの乳酸菌紹介記事はこちら】
管理人おすすめの乳酸菌を紹介します!

乳酸菌を摂取して4年

もう乳酸菌を摂取して

 

4年ぐらい経過

 

していると思います。
4年ということは、もう1000日以上乳酸菌を毎日摂取しているわけです。

 

ヨーグルトや乳酸菌サプリメントなど、いろいろなもので摂取しています。
1日1つ以上、乳酸菌を配合している製品を口にしています。

 

昔ヨーグルトについていた砂糖は、すごい数たまりました。

 

 

いまではもう砂糖もつかなくなりましたけどね。

 

 

断続して乳酸菌を摂取していると、昔はもっとヨーグルトって安かったというのを感じます。
恵ヨーグルトは100円以下で買えることが多かったです。

 

 

でも今では安くて108円とかそのぐらいですから。

 

昔は88円とか、そのぐらいで売っていたわけでびっくりです。
ヨーグルトは値上げやら、内容量の減少やら…。

 

続けるのも出費の点できびしくなっているように感じます。
昔はよかったです。

 

 

 

 

 

乳酸菌を断続して摂取していると誇らしく思えてくる

話をもどして、乳酸菌を断続して摂取していると

 

乳酸菌を摂取している自分を誇らしく思えてくる

 

ところがあります。

 

なぜなら、乳酸菌の摂取を断続していて思うことは
多くの人は乳酸菌の摂取は続かないであろう
ということです。

 

2,3ヶ月なら続く人もいるかもしれませんが、1年も断続する人はかなり限られているように思います。
ネプリーグという番組のクイズでやっていましたけど、毎日ヨーグルトを食べている人は
20%だか25%ぐらいの人だそうです。

 

つまり4人に1人か、5人に1人ぐらいなわけですね。
でもこの数字は結構多いように感じました。

 

 

人間はじめるまえは簡単に思えます。
ヨーグルトなんて食べるだけですからね。

 

でもいざ続けてみると、特に理由もなく乳酸菌の摂取をやめる人が多いと思います。
日記みたいなものですね。

 

 

続けられる人は続けるのだと思います。
続けられない人は、三日坊主の人もいると思います。
買うのがめんどくさくなって、やめる人もいるでしょう。

 

 

日記を毎日つけている人が誇らしく思っているのかは知りませんけど。
ほとんどの人が続かないことを続けられているというのは、すごいことですよね。

 

 

やっぱり健康に生きたほうが、誇りらしくなるというかな。
人間優れているように感じるのかもしれません。
医者を尊敬する人が多いように、健康について知識があると誇らしく思えるのかもしれません。

 

まぁなんでもいいから健康にいいことを続けていると、誇らしくなるものなのかもしれません。
ジョギングなんかも続けていると
「ジョギングしています」
といいたくなるものです。

 

別に自慢ではなく、そういう健康にいいことをしているというのを、自信を持っていいたくなるものなんだと思います。

 

 

 

 

乳酸菌を摂取するのが普通

自分も乳酸菌の効果に期待しているというよりは

 

乳酸菌を摂取しないと落ち着かない

 

みたいな精神的に不安になるから、乳酸菌を摂取している現状です。
ヨーグルトを食べることが特別なのではなく、ヨーグルトを食べないことが特別になっているわけです。

 

 

それでも乳酸菌を断続して摂取しているから、自分の健康に自信が持てたりすることもあります。
乳酸菌の摂取は続けることで、自信がつくことで体にもよい影響がでるのかもしれませんね。

 

健康にいいことは続けることで、自分に自信がつくのだと思います。
健康にいいことを続けている人は、顔つきも自信にあふれている人が多い気がします。
単なる偏見でしょうかね^^;

 

 

でも、内面の自信が外見にもあらわれるというのは確かだと思います。

 

乳酸菌が美容にもいいとされています。
それも自信に現れが外にでているからなのかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ