おなかがゴロゴロいう

おなかがゴロゴロいうときは自分でもある

【管理人おすすめの乳酸菌紹介記事はこちら】
管理人おすすめの乳酸菌を紹介します!

おなかがゴロゴロいうのは腸の調子が悪い!だが解決策も特になし

乳酸菌を毎日のように摂取していますが

 

おなかがゴロゴロいう

 

ときはありますね。

 

 

おなかがゴロゴロいっても、別に痛みがあったりするわけでもないので、気にならない人も多いと思いますが、自分は潰瘍性大腸炎なんですが、おなかがゴロゴロいった後は、血便がでやすいので、あまり腸にはよくないのでしょう。

 

いろいろ調べると、食べたものがガスを発生していてその音だとされています。
なので、おなかがゴロゴロいったときにはもう手遅れでしょう。
おなかがゴロゴロいう前に、食べるものに気を使うべきでしょうね。

 

自分の経験上

 

食べ物を多めに食べるとゴロゴロなりやすい

 

です。
でもこれが微妙でほんの少しのものを食べただけでもゴロゴロいいやすいので、腹八分目といえばいいでしょうか、そのぐらいで腹を満たしてあげると安定している気がしますね。

 

ただ腹がゴロゴロいうのが、ちょっと気持ちよくもあります。
一度ゴロゴロいうのを経験したら、2,3日はゴロゴロいったりすることはありませんね。

 

だから、おなかがゴロゴロいったことを忘れてしまって、2,3日後にはまたおなかがゴロゴロいうようなことがあったりします。
おなかがゴロゴロなってしまったら、もうどうしようもないので、そのときになって
「しまったなぁ」
と思い、今後は食べる量をうまく調節使用と思うのですが、また2,3日経過したら忘れてしまって、食べ過ぎたりしてしまいますね。

 

乳酸菌を毎日のように摂取している自分でもおなかがゴロゴロいうことがあるので、町内環境がどうとかよりも、食べ方や食べる量でおなかがゴロゴロいうのを抑えられると思います。

 

不思議なのは、ほんの少しの食べ物を食べただけでも、その後おなかがゴロゴロいって
「おなかがもっと食べ物を求めているのかな?」
なんて思ったりすることもあります。
いろいろと謎です。


ホーム RSS購読 サイトマップ