乳酸菌と便の状態

便がよくなればそれでいい 便(うんち)をチェックするのは大事

【管理人おすすめの乳酸菌紹介記事はこちら】
管理人おすすめの乳酸菌を紹介します!

乳酸菌摂取で便の状態がよくなればそれでいい

自分は軟便なんですよね。
どちらかというと、腸の状態はあまりよくないと思っています。

 

そもそも、最近の食べ物ってすべてあまり腸にはよくないものが多いと思うんですよ。

 

 

だから軟便というか、便の状態が悪くなるのはしょうがないと思います。
腸の状態もいまいちになってしまう可能性は高い世の中だと思います。

 

最近は特に腸に悪い食べ物が多く出回っていると思いますから。
いわゆる欧米化の食事ですね。

 

だからこそ、腸内環境を整える乳酸菌は注目されているところがあると思います。

 

 

今では欧米食。
いわゆる肉物が多くなっていますけど。

 

日本人は日本人の腸内なんですよ。
日本人は、米やらお漬け物など、なんていうかあっさりとは違う、油というより塩な感じの腸なんですよね。

 

油への耐性が低いように感じます。
まぁ自分も油っぽい食べ物がおいしいと思いますけど。

 

そういう食べ物を食べると、お腹の調子が悪くなることが多いです。

 

 

 

 

 

便で腸の状態をチェックする

乳酸菌を摂取して、その効果を知る一番簡単な方法は

 

便の状態がどうなっているのかチェック

 

することだと思います。
すぐにうんちを流さないで、一度チェックしてみてください。

 

うんちをチェックするのは大事なことです。
血便とかでていたら大変ですし。

 

 

腸の状態がよくなっていれば、固形の便がでます。
固形の便がでたのなら、それで自分は満足したりしています。

 

別に軟便や下痢だから、なにか不都合があるのかといえば、別に軟便でも下痢でもつらいってわけではありません。

 

 

でも、軟便だったり、下痢だったりするというのは腸の調子があまりよくなく、免疫力も弱っていると考えていいと思います。
だから、気をつけないと、風邪をひいたり体調を崩したりする可能性は高いです。

 

 

別に便の状態が固形なら、絶対体調がいいというわけでもないです。
でも安心感はありますよね。
腸が正常に働いているはずですから。

 

 

うんちをチェックするのは見るだけでもいいんですよ。
固形の便なのか、軟便なのか。
便の大きさ(太さ)をチェックするだけでも、十分です。

 

もちろん

  • 細い
  • 軟便(下痢)

こういう感じはあまり腸内環境がよくないということになります。
こういう状態が長く続いたのなら注意です。

 

 

 

 

 

 

軟便や下痢の人が便の状態を元にもどすのは難しい

自分は普段が軟便だったりするから、便が固形になると腸の状態がよくなったと思うところがあるのかもしれません。

 

 

だって、もしいつも便の状態が普通に固形だったら、判断できませんよね。
軟便や下痢の人ではないと、便の状態をチェックしても腸内環境が良くなっているのかどうかわからない可能性があります。

 

 

もし軟便だったり、下痢だったりする人は便の調子を普通の状態にもどせるのかどうか挑戦してみてほしいです。
便の調子を固形の状態にしようと思っても

 

なにをすればいいのかよくわからない

 

という人は多いと思いますよ。

 

腸の状態をよくする方法というのは、沢山あるようにみえます。
実際のところ少なくはないと思います。

 

でも簡単に腸の調子をよくする方法はなかったりするんですよね。
大変だったりするものが多いです。

 

そういう点も乳酸菌が注目される理由かもしれません。
乳酸菌はヨーグルトに配合されています。
そしてヨーグルトはスーパーにいけば売っていますし、続けやすい食べ物だと思います。
さっぱりしていますし。

 

 

腸内環境を整えるというより、腸を働かせる環境をつくるのが大事だと思います。

 

自分が住みたい部屋を考えてみてください。
寒い部屋より、暖かい部屋に住みたいですよね。

 

なら、腸内環境も寒い状態にするのではなく、あたたかい状態にしてあげるのがいいと思います。
いわゆる腸は部屋の中だと思ってあげてください。

 

その部屋にどういうものをあたえるのかは、本人の自由なわけですよ。
汚いものをあげるより、綺麗なものをあげたいですよね。


ホーム RSS購読 サイトマップ