乳酸菌と花粉症

乳酸菌の花粉症対策!Th1細胞とTh2細胞のバランスを整える

【管理人おすすめの乳酸菌紹介記事はこちら】
管理人おすすめの乳酸菌を紹介します!

乳酸菌の花粉症対策のしくみ

乳酸菌がなぜ花粉症に有効なのか。
それを話すためには、花粉症という症状がなぜ起こるのか説明しないといけません。

 

 

花粉症というのは、体内に花粉が入って、体が
「これはやばい!花粉を外にださないと!」
と過敏に反応しているからです。

 

つまり花粉を体内に入れても、花粉症の症状が出ていない人は
「まだあわてる時間じゃない」
と、スラムダンクの仙道みたいな感じだからですね。

 

 

乳酸菌の花粉症への効果は、簡単にいえば花粉を体内に吸い込んでも
「まだあわてる時間じゃない」
と落ち着かせて、くしゃみやら涙やらそういうのをださせないようにしてくれるわけです。

 

おちつけー!!

 

 

 

TH1細胞とTh2細胞のバランスが鍵を握る

たしか花粉症の人って、Th1細胞とTh2細胞のバランスが崩れているんです。
たしかTh2細胞のほうが優位になってしまっているんです。

 

Th2細胞が優位になっていると、アレルギーの症状がでてしまうわけです。
「やばいから、体外に悪いものをだそう」
となるわけですね。

 

 

乳酸菌はTh1細胞とTh2細胞のバランスを整える効果があると、いろいろな実験で発表されています。
Th1細胞とTh2細胞のバランスが整うと
「まだあわてる時間じゃない」
になって、花粉を体内に吸い込んでも、花粉症の症状がでないわけです。

 

 

乳酸菌の花粉症対策は、用は免疫バランスを整えるという点が目的になります。
いや、多くのメーカーはそこをアピールしているところが多いです。

 

実際にはもっと花粉症って複雑なんだと思いますけど。
メーカーとしては、それぐらいしかアピールの仕様がないんだと思います。

 

 

 

 

 

大事なのは自分の健康

ただやっぱりこれは乳酸菌がどうとかではなくて、自分の健康にかかるところが大きいです。
乳酸菌は腸内環境を整え、腸内環境が整った結果Th1細胞とTh2細胞のバランスが整ったと言ったほうが正しいかと。

 

 

人間ストレスを感じます。
ストレスを感じたときって、イライラしますよね。

 

普段だったら怒ったりしないのに、ストレスを感じていると怒ってしまったりします。

 

 

それと同じように、花粉症の症状がでるのかでないのかも、自分の体の状態が重要だといえます。
そして自分の体の状態を整えるために乳酸菌を摂取するわけです。

 

腸は第2の脳と言われているように。
身体的にも、精神的にも、良い状態をキープすることで花粉症の症状を抑えることが出来ると思います。

 

ただ自分の体を変えていくのは大変なことです。
私生活を改善するのも大事ですが、まずは健康への意識を高めないといけないです。

 

そして健康への意識を高めることって難しいです。
健康って興味がある人はそりゃ健康的に過ごせます。

 

でも健康に興味がない人は、ほんとまったく健康的に過ごしませんからね。
「人間いつかは死ぬ」
とか、そういう理由をつけて不規則な生活をするものです。
まぁたしかに人間いつかは死ぬんですけどね。

 

 

そういう人は花粉症になっても同じことを言っていてほしいのですが。
そういう人に限って
「花粉症つらい、つらい」
と泣き言をいうからいけません!!

 

いや、人間ってそういうものですよね。
体調を崩して、健康の重要性を知るものです。

 

 

 

 

 

花粉症に有効な乳酸菌

花粉症に有効な乳酸菌といえば、L-92乳酸菌やKW乳酸菌があります。

 

【関連記事はこちら】
L-92乳酸菌紹介記事
KW乳酸菌紹介記事

 

 

ただ花粉症に有効な乳酸菌で定番というのがあまりないような…。
花粉症に有効なヨーグルトとなると、いろいろなものがあがって
「これが一番!」
みたいなものがない気がします。

 

もし
「花粉症にこの乳酸菌が一番!」
みたいな製品がでてきたら、その製品って爆発的に売れると思いますよ。

 

 

多くのメーカーが
「うちの乳酸菌は花粉症に有効ですよ」
とアピールしていますけど。
現在どの製品も五十歩百歩な気がします。


ホーム RSS購読 サイトマップ