無糖ヨーグルトと加糖ヨーグルト

【比較】無糖ヨーグルトと加糖ヨーグルト 効果やメリットデメリットを考える

【管理人おすすめの乳酸菌紹介記事はこちら】
管理人おすすめの乳酸菌を紹介します!

無糖ヨーグルトと加糖ヨーグルトを考える!砂糖の差

乳酸菌を配合した代表的な製品として

 

ヨーグルト

 

があります。

 

 

ヨーグルトもいろいろなメーカーがいろいろな製品をだしています。

 

 

自分はヨーグルトは大きくわけて

  • 無糖ヨーグルト
  • 加糖ヨーグルト

この2つににわかれると自分は思っています。

 

 

砂糖が入っているか、入っていないのかの違いといえます。
甘いか甘くないかの違いのようにも感じますが…。

 

無糖ヨーグルトなのにほんのり甘いヨーグルトもあったりします。

 

 

明治から販売されている無糖タイプのR-1ヨーグルトは、砂糖が使われていないのに甘いです。
おそらく甘味料の甘さだと思うんですが…。

 

明治はなにがしたいのかよくわからないです。
「砂糖を使わないけど、甘味料を使う」
なにがしたいのかよくわからないです。

 

甘味料を使うぐらいなら、砂糖を使えばいいと思うんですけど。
カロリー控えめのヨーグルトを作りたかったのかな?
謎です。

 

 

話を戻して。
ヨーグルトには、加糖と無糖の2タイプのヨーグルトがあると思っています。

 

自分は毎日ヨーグルトを食べているので、どちらのタイプもよく買いますが。
どちらかというと、無糖タイプのヨーグルトのほうがよく買うかな。
無糖タイプは大容器タイプが多く、値段が安いですからね。

 

 

 

 

 

無糖ヨーグルトの特徴

 

無糖ヨーグルトは450gのサイズの大きめのヨーグルトで
明治ブルガリアヨーグルトや、森永ビヒダスが有名です。
いわゆるプレーンヨーグルトと言われています。

 

最近は値上げ値上げの影響で、400gになりましたけどね。

 

 

調理に使ったり、自分で味付けをする目的で購入する人が多いです。

 

自分はそのまんま食べますけどね。
健康効果を期待している人も、無糖ヨーグルトのほうを選ぶ人が多いと思います。

 

 

最近はセブンイレブンやイオンといったオリジナルブランドも無糖タイプのヨーグルトを出しています。
有名メーカーが新たに無糖タイプのヨーグルトを出すことは少なくなったように感じます。

 

 

カスピ海ヨーグルトや、ギリシャヨーグルトにも無糖タイプのヨーグルトはありますね。

 

 

無糖ヨーグルトというのは、生乳に乳酸菌を入れて醗酵した純粋な姿です。
ヨーグルトができたときに甘みがあるということはないです。

 

つまり無糖タイプのヨーグルトというのは、まだ手を加えられていないヨーグルトだといえます。

 

 

 

昔は無糖ヨーグルトに砂糖が添付されていた

昔はこの無糖タイプのヨーグルトも砂糖が添付されていました。

 

 

自分はまったく使わなかったので、大量にあまっていたんですけど…。

 

 

この砂糖の添付も、コストダウンやら
「どうせ、おまえら砂糖なんて使わないだろ」
みたいなことを言われて、いまでは砂糖がついているヨーグルトなんてほとんどないと思います。

 

まぁ実際砂糖とか使わないので、なくても困らないんですが。
やっぱりないよりはあったほうが困らないのでは?

 

 

納豆のタレなんかも、使わない人が多そうですが。
やっぱりないよりはあったほうが、万が一があるかもしれないので安心できるのでは?

 

まぁそういう砂糖やらタレやら、そういうのがない分値段が安いっていうのなら話は別ですが。
実際そういうのはさっぱりわからないですからね。

 

 

 

 

 

加糖ヨーグルトの特徴

 

加糖ヨーグルトは、砂糖が入ったすぐに食べれるヨーグルトで
種類によっては、フルーツ果肉が入ったものも多いです。

 

代表的なものには森永のアロエヨーグルト。
ダノンビオには沢山の種類の果物の果肉入りヨーグルトがでています。

 

 

 

明治ブルガリアヨーグルトや森永ビヒダスは無糖ヨーグルトもありますが、加糖タイプのヨーグルトも販売していますね。

 

 

加糖タイプのヨーグルトは、多くのメーカーが新製品を出しています。

 

 

外出先で食べれるヨーグルトとしても人気です。
健康目的よりもデザートしての要素も強く、若い人に特に人気のヨーグルトだといえます。

 

 

飲むヨーグルトになると、ほとんどが甘いです。
甘くないヨーグルトドリンクというのは、ないような気がしますけど…。
あったかな?

 

 

低カロリータイプはありますけど、やっぱりヨーグルトドリンクになると、無糖タイプのものはなかったような気がします。

 

 

加糖タイプのヨーグルトは甘みが強いので、子供や女性に人気が高そうです。
健康効果に期待して食べる人もいれば、デザートとして食べる人も多いのが加糖ヨーグルトです。

 

あけてそのまますぐに食べれる点も魅力です。
無糖タイプのヨーグルトをそのまま食べるとなると
「甘くないから好きではない」
という人もいると思います。

 

 

 

果肉が入っているかいないかでタイプがかわる?

この加糖タイプのヨーグルトも2種類にわかれると思っています。

 

それが

  • 果物果肉が入っているタイプ
  • 果物果肉が入っていないタイプ

この2タイプですね。

 

 

 

果物味のヨーグルトでも、果物果肉が入っていないタイプもありますね。
それはもちろん、果物果肉が入っていないタイプです。

 

 

食べていて思ったんですが。
この2タイプはヨーグルトの特徴が違います。

 

果物果肉が入っている加糖ヨーグルトは、とろみがあります。
果物果肉が入っていない加糖ヨーグルトは、とろみがないハードタイプっていうかな。
硬いタイプのヨーグルトのことが多いです。

 

 

最近ってとろみのあるヨーグルトが多いイメージがありますが。

 

硬いヨーグルトを食べたいのなら。
果物果肉が入っていないヨーグルトを買ってみると、硬いタイプのヨーグルトが多い気がします。

 

まぁ硬いヨーグルトを食べたいのなら、ヤクルトのソフールを買っておけば大丈夫なんですけど。

 

 

 

 

 

健康に良い効果を期待できるのは無糖タイプのヨーグルト

 

無糖ヨーグルトと加糖ヨーグルト、どちらも乳酸菌を配合しています。
どちらでも乳酸菌による健康に良い効果は期待できます。

 

より、健康によい効果を期待できるのは無糖ヨーグルトのほう
だと自分は思っています。
なぜなら、砂糖は健康によくないというのが一般的な考えだからです。

 

 

ヨーグルトというのは、生乳を乳酸菌で発酵させたものです。
ヨーグルトができたときに、甘みがあるということはないです。

 

ヨーグルトができたときに、メーカー側が砂糖をいれたりすることで
甘みをだしたものが加糖ヨーグルトです。

 

 

つまり、加糖ヨーグルトというのはメーカー側が

 

無糖ヨーグルトに砂糖を入れて味付けしたもの

 

でしかないんです。

 

 

加糖ヨーグルトが体に悪いといいたいわけではありません。
無糖ヨーグルトを購入して、その中に大量に砂糖を入れるのなら、加糖タイプのヨーグルトと変わりないと思います。

 

加糖タイプのヨーグルトだって、乳酸菌を摂取できることには変わりありません。
加糖タイプのヨーグルトを食べ続けて、健康への効果を実感できます。

 

 

実際ヨーグルトは断続して食べることが重要なんです。
無糖ヨーグルトを購入したはいいけど、おいしくないから食べたくないとなるとヨーグルトを続けることは難しいです。

 

無糖ヨーグルトを選び、ヨーグルトを食べなくなるよりは、加糖ヨーグルトを食べるのを続けたほうが効果は期待できます。

 

 

でも、健康に良い効果をより実感するためには

 

無糖ヨーグルトをそのまま食べれるぐらいがちょうどいい

 

と自分は思っています。
無糖タイプのヨーグルトをそのまま食べるってヨーグルトになれるとさっぱりしておいしいですよ。

 

ただそんなことを言っている自分も、昔は無糖ヨーグルトをそのまま食べるというのはあまり好きではありませんでした。
大人になって味覚が変わったのかはわかりません。

 

でも無糖ヨーグルトをそのまま食べてさっぱりした感じを好むようになりました。
無糖ヨーグルトは大人になって良さがわかる味なのかもしれません。

 

うちの母は無糖ヨーグルトは
「おいしくない」
と言って、食べませんけどね。

 

 

用は加糖ヨーグルトは、乳酸菌を配合していても。
砂糖を配合しているという点で、マイナスの影響もあるわけですね。

 

砂糖が健康にいいというか。
砂糖だって、カロリーがあったり必要なものだと思うので。
そういうのを狙って購入しているのならいいと思いますが。

 

一般的に健康のために砂糖を舐めている人なんていませんよね。

 

 

 

 

 

ヨーグルトで健康になるというのは、おいしいからこそ意味がある

 

ヨーグルトで腸内環境をよくするというのは

 

楽しく健康対策ができる

 

から魅力だったりします。

 

「無糖ヨーグルトはあまり好きではないけど、甘いヨーグルトは好き」
という人は、加糖ヨーグルトを食べるほうがいいと思います。

 

 

無理して無糖ヨーグルトを食べたとしても、おいしくないと感じるのなら
ヨーグルトを食べなくなる
可能性が高いです。

 

人間なぜおいしいと思いもしないものを食べるのかわけがわからなくなってきます。
他にもおいしくて健康にいい食べ物はあると思いますし。

 

 

いやいやヨーグルトを食べるというのも、ヨーグルトに悪いですよね。
もったいない健康対策だと思います。

 

ヨーグルトで健康になるというのは、おいしく健康になれるから魅力があるものなんです。
ヨーグルトは嫌いな人が、無理してヨーグルトを食べる必要はありません。

 

だから甘いヨーグルトが好きなら、そっちを買いましょう!
無理して無糖ヨーグルトを食べる必要はありませんよ。

 

 

実際加糖ヨーグルトがどれだけ健康効果が劣るのかなんてわからないというか。
ほとんど差なんてないかもしれません。

 

だって、人間それでなくても普段の食事で砂糖が使われているものを口にしていますよね。
だから、いまさら砂糖の影響なんて気にする必要なんてないと思いますよ。

 

 

もし
「加糖ヨーグルトは健康に悪い!」
なんて言ってしまうと、それって砂糖を配合した製品すべてを否定してしまうようなものだと思います。

 

ただ、やっぱりイメージ的に。
健康への効果を期待しているのなら
「無糖タイプでは?」
なイメージがありますよね。

 

 

ただ無糖タイプのヨーグルトを購入していても。
その後に甘みをつけて食べている人は多いと思います。

 

まぁ食べ方いろいろありますから。
案外加糖タイプのヨーグルトより、健康に悪いヨーグルトができあがっていることもあるかもしれません。

 

 

 

 

無糖ヨーグルトを工夫して食べよう!

 

少しずつ無糖ヨーグルトに慣れていくというのもいいと思います。
無糖ヨーグルトに自分なりのアレンジを加えて食べていくのもおすすめです。

 

 

 

 

はちみつやドライフルーツ、薄めて飲むカルピスを入れたりするのもいいと思います。
砂糖に限らず無糖ヨーグルトに加えておいしくなるものは多いです。

 

 

無糖ヨーグルトを無理してそのまま食べなくてもいいんですよ!
どのヨーグルトをどのように食べようと、だれも怒りませんから!

 

自分がおいしそうだと思うヨーグルトを買うのが一番だと思います。
デザートタイプのヨーグルトに健康効果を期待するのは厳しいようにも思いますが…。
実際のところどうなるのかなんて、誰にもわからないです。

 

無糖ヨーグルトをそのまま食べたとしても、効果を実感できる保障もないですし。

 

 

たださっきも書きましたけど。
あまり入れすぎると、加糖タイプより無糖タイプのヨーグルトのほうが健康に悪そうなので…。
そこらへんはうまく調節すべきでしょうねぇ。

 

 

別に加糖タイプを食べ続けてもいいと思うんですが。

 

日本では無糖タイプが主流というか。
そっち系が多いので…。
無糖タイプのヨーグルトを好きになったほうが、いろいろ恩恵がありそうな気はします。

 

 

でも海外では、甘いヨーグルトばかりって話も聞きますから。
結局人それぞれだと思いますよ。

 

よくわからないのは。
牛乳とか甘くないけど、普通に飲まれています。

 

でも、ヨーグルトになると
「甘くないとおいしくない」
って感じる人がいるわけで、自分も昔はそうだったんですが。
それはやっぱり慣れだと思いますねぇ。

 

 

それか、初めはみんな甘いヨーグルトを食べると思うんです。
だから
「ヨーグルトは甘いもの」
ってイメージがある中で、甘くないヨーグルトを食べた時のショックというかな。
違和感で、おいしくないと感じるのかもしれません。

 

 

 

 

 

どんなヨーグルトでも健康的か?

加糖タイプのヨーグルトの中には、あからさまに健康的に
「どうなの?」
なタイプもありますけどね。

 

デザートタイプのヨーグルトっていうの?
そういう加糖タイプのヨーグルトは、どうなんだろ…。

 

 

 

牧場の朝とか、バニラヨーグルトとかがそんな感じがありますね。

 

 

自分はこれらのヨーグルトって昔は
「健康にはほとんど意味がないのでは?」
なんて思っていました。

 

健康に良いというより
「体に優しい」
みたいな感じっていうの?
そんな感じに思っていました。

 

 

でもヨーグルトには乳酸菌が使われていますから。
腸内環境を整えるはずなんですよ。

 

だから、そういうまんまデザートタイプのヨーグルトでも。
やっぱり乳酸菌は腸内環境を整える可能性を秘めていますから。

 

健康への可能性というのは秘めているんじゃないかと。
今はそう思っていますね。

 

 

実際ヨーグルトの健康効果なんていうのは、絶対はありませんから。
ヨーグルトは健康に良いイメージがありますが。

 

自分は毎日ヨーグルトを食べていますが、これが健康にいいのかどうかは。
よくわからないところがありますね。

 

 

だからいかにも健康的なヨーグルトを食べていたとしても。
それによって、本当に健康になれるのかも謎なわけで。

 

結局イメージでしかないのかと思います。
ただ、プラセボ効果も馬鹿にはできませんし。
プラセボ効果でも、健康になれれば万々歳なので。

 

 

そういう点では、やっぱり健康によさそうなヨーグルトは、健康へのメリットがありますし。
健康に意味がなさそうなヨーグルトは、健康へはデメリットだと思っています。

 

結局世の中言ったもの勝ちなのかもしれません。
まぁ後から突っ込まれたりして、ピンチになることもあると思いますが。

 

 

ヨーグルト業界も、なんか最近は言ったもの勝ちで
「腸まで生きて届く」
とか、いろいろなものに明記されているでしょ。

 

 

これって、乳酸菌は生きているわけで。
生きているから、発酵させて固めることができるわけで…。

 

 

乳酸菌が生きていれば、そりゃー腸まで乳酸菌が生きたまま届く可能性はありますよね。
ほとんどが胃酸で死菌になると思いますが。
それでも生きて腸まで届く可能性だってあるわけですから。

 

言ったもの勝ちだと思います。
用は乳酸菌が生きていれば、どんな製品も
「生きて腸まで届く」
って言えてしまうわけですね。

 

 

そしてわざわざ死菌となった乳酸菌をヨーグルトに入れている製品なんてないでしょ。
ヨーグルトを作るために乳酸菌が必要で。
乳酸菌は生きていないと発酵させることができないわけですからね。

【比較】無糖ヨーグルトと加糖ヨーグルト 効果やメリットデメリットを考える記事一覧

【無糖ヨーグルト】質の高い乳酸菌が配合されている!健康への効果が高い?工夫次第で...

無糖タイプのヨーグルトを購入したらパッケージを見てみてください。ほぼかならずといっていいほど配合されている乳酸菌の名前が書いてあると思います。明治ブルガリアヨーグルトにはLB81乳酸菌。森永ビヒダスにはBB536乳酸菌。メグミルク恵にはガセリ菌SP株と、ビフィズス菌SP株。オリジナルブランドのヨーグ...

≫続きを読む

 

【加糖ヨーグルト】砂糖は健康に悪い!無糖タイプのヨーグルトのほうが健康に良い効果...

無糖ヨーグルトと加糖ヨーグルトの差を考えると単純に砂糖は健康にいいのかどうかを考えるといいと思います。砂糖が健康にいいとは言われません。むしろ砂糖は健康に悪いものです。勘違いしてほしくないのは「甘みが健康に悪いわけではない」です。あくまで砂糖が健康によくないわけですね。ただ健康にいいのかどうかという...

≫続きを読む

 

【加糖ヨーグルト】甘味料の危険性 甘味料配合のヨーグルトは健康にいいのか?

最近のヨーグルトは砂糖のかわりに甘味料を使うことによって、カロリーを抑えたりしている製品も多いです。最近の人は、原材料がどうとかよりもカロリーが高いのかどうかが気になる人が多いので、カロリーを抑えた製品は人気になる可能性を秘めています。メーカーとしても別に健康にいい製品を作りたいのではなく売れる製品...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ