無糖ヨーグルトと質の高い乳酸菌

【無糖ヨーグルト】質の高い乳酸菌が配合されている!健康への効果が高い?工夫次第でおいしくなる

【管理人おすすめの乳酸菌紹介記事はこちら】
管理人おすすめの乳酸菌を紹介します!

無糖ヨーグルトには質の高い乳酸菌が配合されている

無糖タイプのヨーグルトを購入したらパッケージを見てみてください。
ほぼかならずといっていいほど

 

配合されている乳酸菌の名前が書いてある

 

と思います。

 

 

 

 

 

明治ブルガリアヨーグルトにはLB81乳酸菌。
森永ビヒダスにはBB536乳酸菌。
メグミルク恵にはガセリ菌SP株と、ビフィズス菌SP株。
オリジナルブランドのヨーグルトにも、配合されている乳酸菌の名前が書かれています。

 

 

無糖タイプのヨーグルトには質の高い乳酸菌が配合されていると考えていいと思います。
加糖タイプのデザートタイプのヨーグルトには、乳酸菌の名称が書かれていないものもあります。

 

無糖タイプのヨーグルトは質の高い乳酸菌を配合したものが多いといえます。
健康目的で買うのなら、無糖タイプのヨーグルトをおすすめします。

 

 

 

 

健康に良いイメージが強い無糖タイプのヨーグルト

無糖タイプのヨーグルトには乳酸菌の種類の名前が書かれているものが多いです。
さらに無糖タイプということで、余分なものが配合されていません。

 

そういう点で無糖タイプのヨーグルトは健康によい気分にさせてくれます。
この
「健康によさそう」
というイメージが、健康に効果を発揮したりするものです。

 

 

人によっては
「ヨーグルトの効果を実感したいのなら無糖タイプのヨーグルトを食べてください」
という人もいます。

 

健康への効果の点では、加糖タイプのヨーグルトより、無糖タイプのヨーグルトがおすすめです。

 

【無糖ヨーグルトと加糖タイプのヨーグルト関連記事はこちら】
無糖ヨーグルトと加糖ヨーグルトを考える!砂糖が入っているのかいないかの差

 

おそらくメーカー側も、加糖タイプのヨーグルトならデザートとして購入する人が多いと思って乳酸菌の名前を書かない製品も多いのだと思います。
加糖タイプのヨーグルトだって、ヨーグルトを作るためには乳酸菌を入れて醗酵させる必要があるので、乳酸菌は配合されているはずなんですけどね。

 

 

でも無糖タイプのヨーグルトになると、健康目的でヨーグルトを食べる人も多いと思い乳酸菌の名称を記載しているのだと思います。

 

乳酸菌の名称を記載されても、その乳酸菌の効果まで知っている人はほぼいないと思います。
でもこうやって乳酸菌の名前が書かれていたりするとなんとなく
「質の高い乳酸菌なんだろうな」
と思いますよね。

 

 

 

 

無糖タイプのヨーグルトは工夫次第でおいしくなる

無糖タイプのヨーグルトは
「あまくないからおいしくない」
という人もいるかもしれません。

 

でも無糖タイプのヨーグルトは工夫次第でおいしくなります。

 

 

無糖タイプのヨーグルトをおいしくする方法は、砂糖を入れる以外にもいろいろあります。

  • はちみつ
  • カルピス
  • ドライフルーツ

こういったものを入れるだけでもおいしくなります。
工夫次第でおいしくなるんです。

 

 

もちろんそのまま食べてもOKです。
むしろさっぱりして、そのまま食べたほうがおいしいという人もいると思います。

 

牛乳だって、甘くするよりそのまま飲んだほうがおいしいという人もいると思います。
おいしいというのは、別に甘いことがおいしいわけではないです。

 

 

ヨーグルトは甘いものが多いので
「甘いヨーグルトがおいしい」
という人もいるかもしれません。

 

でもヨーグルトは甘くなくてもおいしいものなんです。


ホーム RSS購読 サイトマップ