加糖ヨーグルトの砂糖が健康に悪い

【加糖ヨーグルト】砂糖は健康に悪い!無糖タイプのヨーグルトのほうが健康に良い効果が期待できる

【管理人おすすめの乳酸菌紹介記事はこちら】
管理人おすすめの乳酸菌を紹介します!

砂糖が健康にいいのか考えれば、無糖ヨーグルトと加糖ヨーグルトの差がわかる

無糖ヨーグルトと加糖ヨーグルトの差を考えると単純に

 

砂糖は健康にいいのかどうか

 

を考えるといいと思います。

 

 

砂糖が健康にいいとは言われません。
むしろ砂糖は健康に悪いものです。

 

勘違いしてほしくないのは
「甘みが健康に悪いわけではない」
です。
あくまで砂糖が健康によくないわけですね。

 

 

ただ健康にいいのかどうかというのは絶対的な正解はありません。
もしかしたら、甘みでハッピーな気分になって、ストレス解消になり健康によいかもしれません。

 

 

でも一般的には

 

砂糖は悪玉菌を増やすので健康によくない

 

とされているんですよね。

 

 

 

 

 

砂糖は悪玉菌を増やす!それでも食べるべき

ヨーグルトに配合されている乳酸菌は善玉菌を増やすとされています。
でも加糖ヨーグルトに配合されている砂糖は悪玉菌を増やすとされています。

 

つまりヨーグルトの乳酸菌は善玉菌を増やすプラスの効果。
でもヨーグルトに砂糖が入っていると悪玉菌を増やすマイナスの効果があるんです。

 

加糖ヨーグルトは、プラスとマイナス両方があることになります。
それでも加糖ヨーグルトでも乳酸菌を配合されているので食べたほうが腸内環境にはよいとされています。

 

 

つまり加糖タイプのものでも、食べないよりは食べたほうが腸内環境は整いやすいというわけです。

 

 

ただ、注意してほしいのは
「加糖タイプの製品は食べすぎては逆効果」
という点です。

 

乳酸菌は大量に摂取しても、効果がアップする可能性は低いです。
でも砂糖はとりすぎると、どんどん悪影響が強くなります。

 

つまり、乳酸菌は沢山摂取しても健康効果はアップしないのに対して、砂糖は摂取すればするほど体に悪い効果が高まります。
加糖タイプの製品を食べ過ぎることは、逆に腸内環境を悪化させることにつなります。

 

でも、加糖タイプの製品は、それほど量が多くはないですよね。
1つ1つ個別になっているものが多いです。
そういう点で食べ過ぎる危険はないと思いますね。

 

朝食ヨーグルトだけは注意かなぁ。
後は1Lタイプのコップに移しかえるタイプの飲むヨーグルトも飲みすぎ注意です。

 

 

 

 

 

砂糖は味をよくするために入っているもの

砂糖のメリットというのは

 

甘くておいしくなる

 

という点のために入れているものです。

 

ヨーグルトって、できあがったときは甘くないんです。
できあがった甘くないヨーグルトに、手を加えて砂糖などを入れて甘くしたのが加糖タイプのヨーグルトになります。

 

 

例を出すと、米は炊きあがったときは甘くもしょっぱくもないです。
でも米に手を加えることで、甘くなったりしょっぱくなったりしますよね。

 

 

 

加糖タイプのヨーグルトは、結局は無糖タイプのヨーグルトに手を加えられたものなんです。
それがメーカー側のほうでやってくれているかどうかの違いです。

 

 

「加糖タイプのヨーグルトが好き」
というのは、無糖タイプのヨーグルトにメーカーがしている味付けを好んでいるということなんです。

 

加糖タイプと無糖タイプのヨーグルトを別物に考える人もいるかもしれませんが。
加糖タイプのヨーグルトも元は無糖タイプのヨーグルトというわけですね。

 

 

 

 

無理して無糖タイプを食べるのなら加糖タイプを食べよう

無糖タイプのヨーグルトが甘くなくておいしくないという人にとっては、無糖タイプのヨーグルトを食べるのは、ストレスがたまるかもしれません。
でも加糖タイプのヨーグルトならおいしくて好きだという人には加糖タイプのヨーグルトを食べると、いい気分になって精神的にいい効果がでるかもしれません。

 

いやいや食べて健康になる可能性は低いです。
そして続きませんからね。

 

 

理想は

 

無糖タイプのヨーグルトをおいしく食べることができる

 

ことだと思います。

 

でも
「無糖ヨーグルトはいまいち好めない」
という人にとっては加糖タイプのヨーグルトを食べるほうがおすすめです。
精神的にポジティブになれる分だけ健康にもよい影響がでやすいと思います。

 

いやいやヨーグルトを食べるというのは、誰も幸せにならない気がします。

 

 

自分の嫌いなものをいやいや食べるというのはどうかと思いますから。
人に嫌いなものを食べさせるのも、健康のためとはいえ嫌なものですよね。

 

たしかに無糖タイプのヨーグルトのほうが、健康にはいいはずです。
でも、それでストレスがたまるのなら、むしろ食べないほうがいいのかもしれません。

 

 

どんなに健康にいい食べ物だったとしてもあまりにもおいしくないものだと、人間は食べませんよねぇ。
それって好き嫌いがあるというよりは

 

食べ物は好きなものを食べることに健康の秘訣がある

 

といえるのかもしれません。
健康にいいものを好むようになるのが、一番なのかもしれません。

 

 

まぁ結局なにを食べようが本人の自由です。
加糖タイプのヨーグルトを食べている人に
「無糖タイプのヨーグルトのほうが健康にいいよ!」
なんていうのは、正しくても野暮なことだと自分は思います。

 

人がカレーを注文して
「ラーメンのほうがいいよ」
なんていうのは野暮というか、本人が食べたいものを自由に選んでいいものだと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ