乳酸菌の質と量

乳酸菌の質にこだわれないメーカーが量にこだわる?

【管理人おすすめの乳酸菌紹介記事はこちら】
管理人おすすめの乳酸菌を紹介します!

有名メーカーも乳酸菌の量にこだわるようになってきた

乳酸菌の量にこだわるメーカーは乳酸菌の質にこだわることができないから
量をアピールするしかないところがあったと思います。

 

ですが

 

乳酸菌の量にこだわると、消費者は魅力的に思う人が多い

 

ようで、最近では有名メーカーも乳酸菌の量にこだわるようになってきました。
代表的なのはヤクルトが乳酸菌の量にこだわるようになったことでしょうか。

 

 

自分は乳酸菌の量にこだわるというのは、あまりよいことではないと思っています。
なぜなら乳酸菌の量を重視するのなら

 

乳酸菌を配合している製品を沢山食べたり飲んだりすればいい

 

だけですから。
でも、メーカーも商売ですから
ボランティアで乳酸菌を配合した製品を販売しているわけではないので
購入する層が乳酸菌の量が多いのを魅力的に感じて
乳酸菌の量が多い製品が売れたのなら
メーカーのほうも、乳酸菌の量をアピールするようになると思います。

 

ヤクルトは、乳酸菌シロタ株の量を増やした
ヤクルト400を販売すると、これがヒットしたというニュースを見かけました。
だから最近ではとにかく乳酸菌の量を増やした製品を多く出しています。

 

乳酸菌との関わりの深さは1番ともいえる大手メーカーのヤクルトが
乳酸菌の量にこだわった製品を販売し始めたというのは
他のメーカーも、乳酸菌の量にこだわることで
製品が売れるのだというのを考えるでしょう。

 

今後は他のメーカーも乳酸菌の量にこだわったものが多くなるでしょう。
乳酸菌の量を多く配合すれば、それだけ購入するほうも
魅力的に感じるようですから。
いつかは乳酸菌の質よりも量が注目されるときもくるかもしれませんね。

 

実際のところメーカーからしたら、効果がどうとかではなくて
自社製品が売れることが重要なわけですから。


ホーム RSS購読 サイトマップ