乳酸菌とりすぎ

乳酸菌のとりすぎはありえない!いろいろな乳酸菌を摂取するのもいい

【管理人おすすめの乳酸菌紹介記事はこちら】
管理人おすすめの乳酸菌を紹介します!

乳酸菌のとりすぎなんていうものはない!

乳酸菌の摂取にとりすぎというものはないです。
乳酸菌の過剰摂取とはどのぐらいの量の乳酸菌を摂取することなのか、はっきりとした定義がありません。

 

 

乳酸菌にとりすぎはないから、乳酸菌を沢山配合した商品があるわけです。

 

乳酸菌より、乳酸菌を配合した食べ物の食べすぎが危険

ただ乳酸菌を配合したものを沢山食べると、おなかを壊す可能性があります。

 

ヨーグルトは生乳に乳酸菌を入れて醗酵したものなので、生乳のとりすぎはどうかと思います。

 

 

味噌や醤油もとりすぎると、塩分の取りすぎになってしまいます。

 

 

乳酸菌サプリも粒状のものに乳酸菌を配合しています。
乳酸菌というものは目に見えないサイズのものが大量に配合されているので、乳酸菌サプリの1粒があったとして、乳酸菌のサイズはほんと1mにも満たないかと思われます。

 

 

なので乳酸菌のサイズを考えれば、乳酸菌サプリメントの粒は大きすぎるものだといえるんですよね。

 

 

いろいろな乳酸菌を摂取すると、乳酸菌同士が喧嘩する?

いろいろな種類の乳酸菌を摂取したら、乳酸菌同士が喧嘩してあーだこーだという人もいます。
でももしそうなら、体に悪い悪玉菌を沢山摂取しても、悪玉菌同士が喧嘩して大丈夫ということになります。
でもやっぱり悪玉菌を増やすようなことをいろいろするというのは、不安ですよね。

 

 

体によい乳酸菌はどんどん摂取していきましょう。
医者でさえも、いろいろな種類の乳酸菌を摂取するべきだと言っています。

 

 

ただ、その摂取の方法に問題があります。
いろいろな乳酸菌を摂取するためには、いろいろな乳酸菌を配合した食べ物を食べる必要があります。
食べ過ぎに注意しましょう。

 

乳酸菌だけを摂取できればいいのですが、乳酸菌というのは当然といえば当然ですが人間の目ではみえません。
なので、ヨーグルトやサプリの粒や粉末といったように、余計なものを摂取してしまう分、乳酸菌だけを沢山摂取するというのは難しいように感じます。

 

 

乳酸菌サプリメントに副作用があるとすれば、それは乳酸菌のほうではなくて、粒や粉末を作っている原材料のほうに問題があるいえるでしょう。

 

 

1つの乳酸菌を大量に摂取するより、いろいろな乳酸菌を摂取する

1種類の乳酸菌を大量に摂取するより、いろいろな乳酸菌を摂取するのをおすすめします。

 

ただ、乳酸菌サプリメントで沢山の乳酸菌を配合しているような商品は、つくりが雑のように感じます。
「沢山の乳酸菌を配合すれば魅力的に見えるだろ」
というメーカー側の思想が見え隠れしているような…。

 

だから自分は1つの商品に沢山の乳酸菌を配合している商品はあまりおすすめしません。

 

 

1つの商品に1つの乳酸菌を配合。
1つの乳酸菌を配合した商品をいろいろ食べる。
それが理想です。

 

1つの乳酸菌を配合したヨーグルトを、スプーン1杯を3種類ぐらい食べる。

 

 

それが理想的なヨーグルトの食べ方だといえます。

 

でも、そんなヨーグルトの食べ方をする人なんてほとんどいませんよねぇ。


ホーム RSS購読 サイトマップ