乳酸菌の質が高いという根拠

乳酸菌の質の高さはどうやってきめるのか?

【管理人おすすめの乳酸菌紹介記事はこちら】
管理人おすすめの乳酸菌を紹介します!

乳酸菌の質が高いなんて、どうやって決めることができる?

最近では乳酸菌にもいろいろな種類がでてきて

  • 生きて腸まで届く
  • 死菌になりにくい
  • 質の高い乳酸菌

こういった言葉をよく聞きます。

 

 

でも、生きて腸まで届くなんて、ヨーグルトを食べて確認することなんてできませんし
乳酸菌が生きた状態なのか、死菌になってしまっているのかなんて
ヨーグルトや乳酸菌サプリメントを食べる時点で
目では乳酸菌はみえないのだから、わからないわけです。

 

つまりこういうのは

 

メーカー側が言っていることを信じるしかない

 

というところがあります。
たしかに実際に乳酸菌を摂取して効果を実感したから、本人が
「この乳酸菌は質が高い!」
というのもいいと思いますが
実際乳酸菌がどうなっているのかなんてわからないわけです。

 

乳酸菌は人との相性によって
胃酸によって死菌になりにくかったり、死菌になりやすかったりするといわれています。
つまり、どんなに質の高い乳酸菌だといっても
すべての人が効果を実感するなんていえないわけです。

 

いろいろ研究された乳酸菌を摂取するのもいいと思いますが

 

普通の乳酸菌では効果がない

 

という思考になってしまうと、乳酸菌を摂取するチャンスがあるのに
それを見送ってしまう可能性もでてきます。

 

乳酸菌の質の高さにこだわるあまり、乳酸菌の摂取を逃すのはもったいないです。
乳酸菌は摂取して損はないです。
実際乳酸菌を摂取して、なにも効果を実感できなかったとしても
本人が効果を実感していないだけで、体には良い効果がでているかもしれませんし
乳酸菌を摂取してのデメリットなんてなにもないんです。

 

乳酸菌の質があーだこーだいうぐらいなら
質にこだわらず乳酸菌を配合している製品を食べたり飲んだりしたほうが
健康にいい効果はでやすいと思いますね。

 

もちろん、自分が信頼する乳酸菌を摂取するのは悪いことではありません。
でも、自分の信頼する乳酸菌以外を否定するというのは
ちょっとずれた思考になっていると思います。

 

メーカー側も自社の乳酸菌をアピールするあまり
他のメーカーの乳酸菌をないがしろにしたりする
ところがあるので
メーカー側にも責任はあるのでしょうね。


ホーム RSS購読 サイトマップ