乳酸菌のとりすぎは危険なのか?ヤクルト400は?

【乳酸菌とりすぎ】副作用の危険はある?ヤクルト400は健康に悪い?

【管理人おすすめの乳酸菌紹介記事はこちら】
管理人おすすめの乳酸菌を紹介します!

乳酸菌のとりすぎは危険?下痢にになる?

乳酸菌を大量に摂取すること。
これは体に良いことなのか?それとも体に悪いことなのか?

 

乳酸菌を大量に摂取したら下痢になるといわれたりします。
実際のところどうなのか・・・。

 

 

 

まず考えてみてほしいのですが、もし乳酸菌を大量に摂取するのが危険ならば
「ヨーグルト10個分の乳酸菌を配合!」
といった感じで、乳酸菌の量をアピールしている製品は危険があるということになってしまいます。

 

 

乳酸菌の大量摂取が危険なら、乳酸菌の量をアピールしている製品は危険な製品ということになるよね。


 

そう考えると、乳酸菌の大量摂取は普通に大丈夫だと思えます。
メーカーがわざわざ
「乳酸菌を大量に配合していて、危険な製品だよ」
とアピールするはずがないからです。

 

一般的には、乳酸菌が大量に配合されていることは、悪いイメージより良いイメージが強いことになります。

 

 

ただ乳酸菌はおなかの調子を整える効果があります。
そして便秘気味の人が、便秘改善のために乳酸菌を摂取することが多いです。

 

そのイメージが強く乳酸菌を大量摂取すると、おなかの調子がよくなりすぎて下痢になってしまうイメージがあるのかもしれません。

 

 

 

人間の腸内には大量の菌がいる

人間の腸内には、いろいろな腸内細菌がいます。
いろいろな乳酸菌を摂取しても、腸からしてみれば些細なことぐらいにしか感じないかと思います。

 

そして多くの乳酸菌は胃酸によって死菌になってしまいます。
「生きて腸まで届きやすい乳酸菌」
を摂取したとしても、胃酸で死菌にならないと胃酸が役立たずともいえます。

 

 

さらに最近は
「いろいろな乳酸菌を摂取したほうが効果が高い」
という人もいます。

 

医者でもそう考えている人もがいます。
いろいろな乳酸菌を摂取したほうが、自分と相性の良い乳酸菌と当たりやすいからだと言っていました。
乳酸菌の種類を増やすことも問題ありません。

 

 

ただ、食べすぎや暴飲暴食は普通に胃腸を刺激するので危険です。
乳酸菌のとりすぎが大丈夫というのが、食べ物を大量に食べたり
暴飲暴食をしても大丈夫ということにはつながりません。

 

乳酸菌のとりすぎは大丈夫でも、乳酸菌とヨーグルトは同じものではないです。
ヨーグルトに配合されているのが乳酸菌です。

 

 

特にヨーグルトや乳酸菌飲料は基本冷えているものが多いです。
冷たいものを食べ過ぎると、胃腸を刺激して下痢になる可能性は高いです。

 

 

夏は暑くて、冷たいアイスを食べ過ぎてしまいおなかを壊してしまった
という失敗談を聞いたりしますよね。

 

 

冷たいヨーグルトや乳酸菌飲料を食べ過ぎるとおなかを壊します。
暴飲暴食で胃腸を刺激しておなかの調子が悪くなってしまう人もいると思います。

 

そういう人が
「乳酸菌のとりすぎは危険だ!」
と勘違いすることもあるかもしれません。

 

 

つまり乳酸菌の大量摂取はとくに危険はありません。
でもヨーグルトの食べすぎや、飲むヨーグルトの飲みすぎは、おなかの調子を壊してしまう可能性があるということです。

 

 

 

 

 

乳酸菌の量が多い製品で下痢になってしまう人がいる

乳酸菌の量が多い製品を試すと下痢になる人がいます。

 

具体的な例を出すと、普通のヤクルトより乳酸菌の量が多いヤクルト400。
最近はヤクルト400は注目を集めているので知っている人も多いと思います。

 

 

 

ヤクルト400は普通のヤクルトより乳酸菌を増やした飲み物です。
普通のヤクルト(Newヤクルト)は乳酸菌が200億個。
ヤクルト400は乳酸菌が400億個配合されています。

 

なのでヤクルトを飲んで大丈夫な人なら、ヤクルト400を飲んでも大丈夫なはずです。
同じ乳酸菌シロタ株が使われていて、違うのは乳酸菌の量なわけですから。

 

 

でも、いろいろな口コミや評判を見ていると
「ヤクルトなら大丈夫なんだけど、ヤクルト400を飲むと下痢になる」
と言っている人がいます。

 

ほんとうにごく一部の人なんですけど。
そういう人もいるので、乳酸菌の量を多く摂取すると下痢になることもあるのだと思います。

 

 

なぜなのかは不明です。
いや、不明というか、理屈では説明できないです。

 

偶然なのか、精神的なものなのか。
原材料的なもので、なにかの違いがあるのか。
原因はわかりませんが、乳酸菌の量が増えると下痢になる人は実際にいたりします。

 

 

乳酸菌のとりすぎは、大丈夫なはずなんです。
それでも乳酸菌のとりすぎで体調を崩す人はいるんです。

 

そもそも
【乳酸菌のとりすぎってどのぐらいの乳酸菌の量をいうのか?】
それもおそらくわかっていないと思います。
そもそもその答えさえもないです。

 

 

それでもヤクルト400を飲むと
「乳酸菌の量が多い製品だから、乳酸菌のとりすぎで下痢になった」
と思ってしまうのだと思います。

 

「乳酸菌400億個って乳酸菌のとりすぎなの?」
と質問すれば、おそらく
「ヤクルト400は普通のヤクルトより乳酸菌が多いんだよ」
と答えると思います。

 

でもそれが乳酸菌400億個が乳酸菌のとりすぎになるのかどうかは関係ないですよね。

 

 

 

 

乳酸菌は限度を考えて摂取すれば危険ではない

 

乳酸菌は基本限度を超えて摂取しなければ大丈夫だと言えます。
まぁ大量に摂取しても、基本問題ないんですけどね。

 

やっぱり限度というものはありますよ。

 

 

では乳酸菌のとりすぎの限度というのはどのぐらいの量なのか?
これはあくまで自分が考えるところですが

 

  • ヨーグルトを1日で400g食べる⇒セーフ
  • ヤクルトを1日に3本飲む⇒セーフ

 

  • ヨーグルトを1日で1kg食べる⇒注意
  • ヤクルトを1日に10本飲む⇒注意

こんな感じでしょうか。

 

ヤクルト10本なら、大丈夫かな。
ヤクルト15本ぐらいで、注意かなぁ。

 

 

もちろん、ヨーグルトを1日に1kg食べても体に異変は起こらないと思います。
ヤクルトを1日に10本飲んでもおなかがいっぱいにはなると思いますが、異常はでないと思います。

 

普段しないようなことをすると、体調がおかしくなることって多いです。
たまに食べ放題にいって、おなかいっぱい食べると
「なんか気持ち悪い」
なんてことになる人は多いと思います。

 

でもおおごとになるようなことはないと思います。
時間の経過とともに元に戻るはずです。

 

【関連記事はこちら】
乳酸菌を摂取しての感想
乳酸菌は質か量か

 

 

 

乳酸菌以外の栄養素の問題

ヨーグルトの食べすぎ、ヤクルトの飲みすぎは乳酸菌以外の点で危険が考えられます。

 

ヨーグルトだとカルシウムの過剰摂取。
ヤクルトだったら、砂糖を摂取しすぎな気がします。

 

カルシウムを過剰摂取すると
「尿路結石」
「便秘」
こういった症状になる可能性があるとされています。

 

 

砂糖の過剰摂取は
「肥満」
「糖尿病の危険」
こういった症状になる可能性があるとされています。

 

特に砂糖は
「悪玉菌の餌になる」
と言われています。

 

せっかく乳酸菌を摂取して腸内環境を整えようとしているのに、砂糖を過剰摂取すると逆に腸内環境が悪化してしまうかもしれません。

 

 

ヨーグルトや乳酸菌飲料は賞味期限が比較的短いです。
賞味期限の近くなった乳製品をいっきに大量に食べたりする人もいるかもしれません。

 

 

また450gサイズのプレーンヨーグルトになると、どのぐらいの量を食べればいいのかわからなくなることもあります。

 

 

気がつけば、大量にヨーグルトを食べてしまっていたということもあります。
そうなると、おなかが冷えてしまい、おなかの調子が悪くなることはあります。

 

 

食べすぎはおなかいっぱいでそのときは満足できても、その後精神的に不安になります。
おなかの調子が悪くなることもあると思います。

 

 

おなかの冷えや、精神的ストレスはどちらも体に悪影響をおよぼすわ。

 

自分が体に悪いと思っていることはしないほうがいいわね。


 

乳酸菌摂取にも限度があります。

 

1日で1か月分の乳酸菌サプリメントを飲むとか、そういったおかしなことをしない限りは大丈夫かと。
実際、そういうことをしても大丈夫だと思いますけどね。

 

 

ただ注意したいのは、最近の加糖ヨーグルトには

 

甘味料

 

が使われているものもあります。

 

甘味料の大量摂取は、おなかがゆるくなるともいわれています。
ガムやグミといったものを大量に食べるとおなかがゆるくなるとも言われています。

 

 

実際自分もグミにはまっていた頃、グミを大量に食べたらおなかがぐるぐるなっていたことがあります。

 

 

乳製品の乳酸菌以外の要因で
腸に刺激をあたえてしまい、おなかがゆるくなることはあるわけです。

 

実際乳酸菌の摂取によって下痢が起きたのではなく、その前後に食べたり飲んだりしたジュースやお菓子が原因で下痢になってしまう人も多いかと思います。

 

でも、おなかがゆるくなるような食べ物といえば
ヨーグルトぐらいしか思いつかずヨーグルトが原因だと勘違いする人もいるかもしれません。

 

 

ヨーグルトもそうですが、ガムやグミにも

一度に多量に食べると、体質によりおなかがゆるくなる場合があります。
一時的なものですから心配はございません。

といった注意書きが書かれているものが多いです。

 

乳酸菌がおなかをゆるくするのではなく、腸を刺激する成分がおなかをゆるくして下痢を引き起こすとも考えられます。
基本どんな食べ物も常識の範囲で食べれば、なにも問題ありません。

 

 

 

 

 

乳酸菌は大量に摂取したほうが効果を実感しやすい?

 

ヤクルトもヤクルト400という乳酸菌シロタ株を多く配合した商品を販売しています。

 

 

乳酸菌の数が多いと効果が実感しやすいように感じますが、そういった実験結果はあまりないです。
そもそも乳酸菌を大量に摂取すれば効果を実感しやすいのなら、ヤクルト400を2本ぐらい飲めば、倍の乳酸菌を摂取できます。

 

 

普通のヤクルトでも、飲めば飲むほど健康に効果を期待できることになります。
それはおかしいです。

 

「ヤクルトを沢山飲めば効果が高い」
なんて聞いたことがありません。

 

 

じゃあ乳酸菌の摂取の量が少なくてもいいのか?
というと、そうなのかもしれませんが、どこかすっきりしません。

 

自分の中での結論をいうと

乳酸菌は少なからずそれなりの量を摂取すれば十分

と思っています。

 

乳酸菌の摂取が少なすぎるのは考え物かもしれませんが、乳酸菌を大量に摂取する必要はないと思います。

 

 

本人が乳酸菌の大量摂取が効果があると思っているのなら、大量に摂取してもいいと思います。
乳酸菌には副作用はありませんから。

 

乳酸菌はある程度摂取すればいいものだと思います。
森永ビヒダスヨーグルトはスプーン1杯のヨーグルトでも十分な効果が期待できるという研究結果がでています。

 

 

その点を考えると

 

実際は少ない乳酸菌の摂取でも十分

 

なのかもしれませんね。
大事なのは、乳酸菌の摂取を毎日続けることです。

 

乳酸菌は量を増やすより、摂取する回数を増やすのが大事

 

なわけです。

 

 

乳酸菌の量を沢山摂取すればいいのなら、乳酸菌サプリを1日で全部飲んでもいいってことになりますから。
それはやっぱりおかしいですよね。

 

 

 

ヤクルト400は健康に悪い?

ヤクルトとヤクルト400を比較して
「ヤクルト400のほうが効果が高い」
と言っている人は、ヤフー知恵袋を見ても沢山います。

 

 

 

でも逆に
「ヤクルト400は乳酸菌の量が多いから健康に悪い」
と言っている人は少ないです。

 

乳酸菌の量が多いことは、健康にプラスだと思っている人が多いです。
「乳酸菌=健康に良い」
と思っている人がほとんどなわけですね。

 

 

そもそもヤクルトが健康に良いというイメージがあるのは、乳酸菌のおかげであって。
ヤクルトはそもそも粉ミルクに砂糖と乳酸菌を入れた物だと自分は思っています。

 

粉ミルクに砂糖と乳酸菌を入れた物から、乳酸菌を取ってしまうと。
その製品が健康にいいのかどうかは、かなり微妙になると思います。

 

 

なのでヤクルトが健康にいいとされているのは、乳酸菌の1点なわけで。
もしヤクルトから乳酸菌シロタ株がなくなれば、それは健康に悪いものになりうると思います。
ヤクルトから乳酸菌が無くなったのなら、単なるジュースですからね…。

 

その健康にいいとされている乳酸菌の量を増やしたのがヤクルト400ですから。
ヤクルト400が普通のヤクルトより効果が高いと思われているのは、当然のことなのかもしれません。

 

 

 

 

 

実際に乳酸菌をとりすぎてみるのが一番早い

乳酸菌を取りすぎたらどうなるのか気になる人は

 

一度乳酸菌をとりすぎてみればいい

 

と思います。
ただ、その方法には気をつけてください。

 

ヨーグルトや乳酸菌配合飲料になると、乳酸菌の点ではなく、ヨーグルトや飲み物の大量摂取で体調を崩す可能性が高いです。

 

 

乳酸菌のとりすぎを一度やってみるのなら

 

乳酸菌サプリメントで試してみるといい

 

と思います。
ただ、乳酸菌サプリメントにも、乳酸菌以外にカルシウムやビタミンを配合したサプリもあるので、できれば

 

乳酸菌だけを配合した乳酸菌サプリメントが理想

 

です。
アレルケアやノアレあたりがおすすめです。

 

 

アレルケアは1日2粒が目安となっていますから、10粒ぐらい1日で飲んでみるのを試すのもいいかもしれません。
ノアレは1日1粒が目安となっていますから、5粒ほど飲んでみるといいかもしれません。

 

 

もちろん自己責任になりますが、おそらく大丈夫かと。
不安を感じていれば精神的なもので、体にちょっとした変化は見られるかもしれません。

 

乳酸菌のとりすぎは基本大丈夫なものだとされています。
乳酸菌を多く摂取しても、危険な状態になる可能性はほぼ0です。

 

 

ただおなかがゆるくなったり、おなかがごろごろいったりすることはあるかもしれません。
自分もたまにそういうことがありますからね。

 

でも次の日になれば、ほぼ治っているはずです。
そして、一時的に悪かったおなかの調子も、よくなっていると思いますよ。

 

 

自分は毎日ヨーグルトを食べていますけど。
それでも便秘がちだったりします。

 

一時期は下痢&軟便体質だったんですよ。
それが今では便秘がちで、でてくるうんちは太くて硬くて、肛門が痛くて切れ痔気味です。

 

 

人間の健康というのは、自分でうまくコントロールできればいいんですけどね。
うまくいえませんけど、世の中季節が秋しかなかったら、もっと物事がうまく行くというか集中できると思うんです。

 

でも日本に住んでいれば、そんなわけには行かないから。
夏は冷房で快適に。
冬は暖房で快適に…。
そんな感じですよね。
そうやってうまく調節していくしかない気がします。

 

夏でも冷房が効きすぎると逆に寒くなってしまったり。
冬でも暖房が効きすぎると逆に暑くなってしまう。
乳酸菌のとりすぎというのは、そういうところに似ているのかもしれません。

 

 

乳酸菌は便秘にも下痢や軟便にも効果があるといわれているからずっと摂取していますけど。
ちょっと矛盾しているところもあると思うんですよね。

 

でもそういうものでしょ?
便秘を改善しようと乳酸菌を摂取していたら、便意があったけど下痢な感じになってしまった。
下痢気味で乳酸菌を摂取していたら、固形便になったけど便秘になってしまった。
そういう人っていると思います。

 

 

まぁ乳酸菌で人間の腸内環境がすべて決まるわけでもないので。
私生活のほうでの問題もあると思います。

 

「乳酸菌のとりすぎで下痢になった」
という人も、ほんとうの原因は乳酸菌以外のところから下痢になったのかもしれませんよねぇ。

【乳酸菌とりすぎ】副作用の危険はある?ヤクルト400は健康に悪い?記事一覧

【乳酸菌とりすぎ】実際にやってみた!おなかがごろごろ鳴るから困る

乳酸菌のとりすぎは、ほぼ安全だということを書きました。【詳しいことはこちら】⇒乳酸菌のとりすぎは危険?乳酸菌のとりすぎは下痢になるといわれているが⇒【乳酸菌とりすぎ】下痢になる可能性 お腹の冷えや暴飲暴食が悪いのでは?乳酸菌は安全でも、乳酸菌のとりすぎで不安になって下痢になったりする人はいると思いま...

≫続きを読む

 

【乳酸菌とりすぎ】大量摂取でおなかがゆるくなるというのは本当か?下痢の可能性

よく乳酸菌を大量摂取した人はおなかがゆるくなりましたという人がいます。いわゆる下痢や軟便のようなものになったということですね。また乳酸菌サプリメントの注意書きにも大量に飲むと、おなかがゆるくなることがありますと書かれているものもあります。そう考えると、乳酸菌には副作用がないにしても乳酸菌を大量摂取す...

≫続きを読む

 

【乳酸菌のとりすぎ】大量摂取は効果につながるのか?

最近乳酸菌を配合した製品に乳酸菌の配合量が多いということをアピールしているものが多くなってきました。もうなんども言っていますがヤクルト400なんてまさにそれですよね。普通のヤクルト1本では、乳酸菌シロタ株を200億個摂取できます。ヤクルト400は1本でその2倍。乳酸菌シロタ株を400億個摂取すること...

≫続きを読む

 

【乳酸菌の種類ととりすぎ】喧嘩することはある?いろいろな乳酸菌を摂取するメリット...

いろいろな乳酸菌の種類を摂取すると、乳酸菌同士が喧嘩をして菌が死菌となってしまわないか心配している人がいます。いろいろな乳酸菌を摂取しても意味がないと考えている人がいます。ヨーグルトのパッケージをみても、今ではいろいろな乳酸菌が使われています。ガセリ菌や、R-1乳酸菌、ヤクルトの乳酸菌シロタ株など。...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ