乳酸菌の種類で喧嘩

【乳酸菌の種類ととりすぎ】喧嘩することはある?いろいろな乳酸菌を摂取するメリットデメリット

【管理人おすすめの乳酸菌紹介記事はこちら】
管理人おすすめの乳酸菌を紹介します!

乳酸菌をとりすぎると喧嘩をしてしまう?

いろいろな乳酸菌の種類を摂取すると、乳酸菌同士が喧嘩をして菌が死菌となってしまわないか心配している人がいます。

 

 

いろいろな乳酸菌を摂取しても意味がないと考えている人がいます。

 

 

ヨーグルトのパッケージをみても、今ではいろいろな乳酸菌が使われています。

 

 

 

ガセリ菌や、R-1乳酸菌、ヤクルトの乳酸菌シロタ株など。
これらの乳酸菌は生きているとされています。

 

いろいろな乳酸菌を摂取することで、それぞれが争って死菌となってしまうんじゃないかということですね。

 

 

人間の腸内には大量の腸内細菌がいます。
いろいろな乳酸菌を摂取しても問題はありません。

 

また乳酸菌サプリメントの1部商品には、いろいろな種類の乳酸菌をとにかく詰め込んだ商品もあります。
もしいろいろな乳酸菌を詰め込むことが意味がないのなら、そんな乳酸菌サプリを販売はしないはずです。

 

ということで、いろいろな乳酸菌の種類を摂取しても問題ありません。

 

 

もし強い乳酸菌だけが生き残ったとしても、その乳酸菌は生きていることになります。
弱い乳酸菌が死菌になってしまったとしても、強い乳酸菌は生きているのでいいのでは?
死菌となった乳酸菌も効果があるとされていますし。

 

乳酸菌が喧嘩して、体の中であばれて腸をつきやぶるとかではないですから。
まさか体の中で乳酸菌がドラゴンボールなバトルをしていて、かめはめ波で腸をぶちやぶったりすることはないはずです。

 

 

 

 

 

いろいろな乳酸菌を摂取すると喧嘩をする可能性はある

いろいろな乳酸菌を摂取すると喧嘩する可能性はあると自分は思っています。

 

腸内では、善玉菌と悪玉菌が争っているといわれています。
乳酸菌にもよるでしょうが、乳酸菌同士が争いを起こす可能性は少なからずあるように思います。

 

 

でも、その人にあった乳酸菌が生き残るとされています。
いろいろな乳酸菌を摂取したほうがいいというのは、医者も言っていることです。

 

1種類の乳酸菌を摂取するより、いろいろな乳酸菌を摂取するのがおすすめです。

 

 

ヨーグルトも「朝と夜とでは、別のヨーグルトを食べると効果が高い」という医者がいます。

 

1つの乳酸菌を摂取するより、いろいろな乳酸菌を摂取したほうが、相性のいい乳酸菌とあたる可能性も高まります。

 

 

いろいろな種類の乳酸菌を摂取することはメリットが多いです。
1種類のヨーグルトをまとめ買いするより、いろいろなヨーグルトを試してみるのも1つの手です。

 

 

ようは乳酸菌が喧嘩をしたとしても、自分と相性の良い乳酸菌が生き残るわけですね。
まぁ喧嘩がどうこう以前に、人間の胃酸で相性のいい乳酸菌だけが生き残ると思いますけど。

 

だから乳酸菌が喧嘩とかする余裕はないかと思います。
自分と相性の良い乳酸菌で、胃酸によって死菌にならない乳酸菌が何種類もあったのなら喧嘩になる可能性もあるかもしれません。

 

 

 

 

 

いろいろな乳酸菌を摂取すると、精神的効果が弱い?

乳酸菌は種類によって、優れた効果が違うとされています。

 

1種類の乳酸菌を摂取するのなら、摂取する乳酸菌の優れた効果を調べて、その効果を考えることができます。
でも、いろいろな種類の乳酸菌を摂取すると、1つ1つの乳酸菌に対しての効果が把握しきれないです。

 

 

いろいろな種類の乳酸菌を摂取してのデメリットは、優れた効果がよくわからないという点かもしれません。
腸内環境をよくする効果は高そうですけどね。

 

乳酸菌の摂取をアレルギーといった花粉症やアトピー対策として摂取しようと思っている人もいるでしょう。
そういう人は、いろいろな乳酸菌を摂取するより、花粉症やアトピーに効果が高いとされている乳酸菌だけを摂取したほうが、精神的に効果が高そうに感じられるでしょう。

 

 

花粉症やアトピーに優れた乳酸菌をいろいろ摂取するといいかもしれませんね。

 

アレルケアとノアレ、どちらを買おうか迷っている人も多いです。
そういう人は、両方購入すればいいんです。

 

2つ購入して、どちらか片方でも効果が実感できればラッキーですから。
相性がいい乳酸菌とであえれば、後はその乳酸菌の摂取を続ければいいんです。

 

 

ただいろいろなヨーグルトや乳酸菌飲料を飲みすぎるのはよくないです。
食べ過ぎ、飲みすぎが健康に良いという話は聞きません。

 

なので、たくさんの乳酸菌を摂取するために、食べ過ぎや飲みすぎになるのは注意したいところです。
人間ほどほどが一番です。

 

 

乳酸菌は沢山摂取する量よりも、断続して摂取する断続性が効果を実感するのに重要だとされています。
もし沢山の乳酸菌を摂取するのなら、時間をあけて摂取すると効果的かもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ