乳酸菌が胃酸や胆汁酸で死菌になる

乳酸菌が胃酸や胆汁酸で死菌になるから

【管理人おすすめの乳酸菌紹介記事はこちら】
管理人おすすめの乳酸菌を紹介します!

乳酸菌が胃酸や胆汁酸によって死菌になるので効果がない

乳酸菌が効果がないという人の理由として

 

乳酸菌は胃酸や胆汁酸によって死菌になるので
生きたまま腸まで届かないから効果がない

 

という人がいます。

 

 

最近はメーカーが質の高い乳酸菌を配合して

 

生きたまま腸まで届く

 

とアピールしている製品もありますが、自分が考えるに
多くの乳酸菌は生きて腸まで届かない可能性のほうが高い。
または生きて腸まで乳酸菌が届いても、すぐに死菌になってしまうと考えています。

 

ただ乳酸菌は生きたまま腸まで届いたほうが効果が高いとされていますが、
死菌となった乳酸菌でも健康に効果があるとされています。

 

なので、乳酸菌が死菌になってしまうから効果がないというのは、
乳酸菌が死菌になったら無意味だと考えているからの発想でしょう。

 

これはメーカー側にも問題があると思います。
メーカー側も、自社の乳酸菌は「生きて腸まで届く!」といいながら
他社の乳酸菌は、あたかも生きて腸まで乳酸菌が届かないようなことを匂わせています。

 

そして乳酸菌が生きて腸まで届かないと効果がないようなことを述べ、
自社の保有している乳酸菌を魅力的に思わせようとしています。

 

 

乳酸菌が生きて腸まで届かないと効果がないと考えるようになった人も、
そのような考えになった理由としては、乳酸菌を配合している製品を販売しているメーカーに問題があるのかもしれません。
乳酸菌を配合している製品を販売しているメーカーが、乳酸菌の健康効果のイメージダウンにつながるようなことを言っている。

 

たしかに自社製品を、他社製品よりも購入してほしいから、そういうことを言っているのでしょうが
死菌となった乳酸菌でも健康に効果があるということを、もっと多くの人に認知させないといけないように感じます。
それでなくても、現在は

 

「生きて乳酸菌が届かないと効果がない」と言っているメーカーも多い

 

ですから。
今後は、このような考えになる人がさらに多くなり、死菌となった乳酸菌では意味がないと考える人が、
ますます増えてきそうです。

 

実際乳酸菌が生きて腸まで届いているのかどうかというのは

 

一般層には知る方法がない

 

ですよね。
まさかヨーグルトを食べた後に、自分の腸内を検査したりする人はいないでしょう。
だから、生きて乳酸菌が届いているのか、死菌となっているのかなんていうのは、
一般の人にはわからないわけで、言ったもの勝ちなところを感じます。


ホーム RSS購読 サイトマップ