歳をとると腸内のビフィズス菌が減る

人間歳をとると腸のビフィズス菌が減る

【管理人おすすめの乳酸菌紹介記事はこちら】
管理人おすすめの乳酸菌を紹介します!

人間歳をとると腸内のビフィズス菌の数が減る

ビフィズス菌は人間の腸に10%ほどをしめています。
赤ちゃんの頃は腸内にそのぐらいのビフィズス菌がいるのですが、人間歳を取るとビフィズス菌の数が減るとされています。

 

これが老化につながる原因ともされています。
だから乳酸菌を摂取するというのは、体にあるものを補給してあげるということでもあります。

 

 

そういう点で乳酸菌が効果がないわけがないんです。
乳酸菌は元から人間の腸に沢山の数がいるものなんですから。

 

たしかに「口から乳酸菌を普及しても、どうにもならない」可能性もあるかもしれません。
でも、人間の体は菌によって生かされているともいえます。
乳酸菌を軽視するというのは、恩知らず的なところを感じます。

 

 

年齢を重ねると腸内のビフィズス菌が減ってしまいます。
どんなに乳酸菌を摂取しても、歳には勝てないでしょうから、老化はしてしまうでしょう。

 

でも、年齢より若く見られる人は、腸内が綺麗だから若く見られるともいわれています。
「私は長生きなんてしたくない」という人もいるかもしれませんが、そんなことをいったら、乳酸菌が健康にいいのかどうかなんてどーでもいいことですよね。
なんで乳酸菌が効果があるのかどうかに興味を持ったのかが謎です。

 

いや、たしかに乳酸菌っていろいろな効果があるので

 

長生きはしたくないけど、花粉症はどうにかしたい

 

ということで乳酸菌に興味を持つ人もいるのかもしれませんけど。
乳酸菌ってそういうピンポイントの効果を望むというのは難しいと思いますね。


ホーム RSS購読 サイトマップ