乳酸菌胃酸死菌

乳酸菌は胃酸で死菌になるから効果がない?

【管理人おすすめの乳酸菌紹介記事はこちら】
管理人おすすめの乳酸菌を紹介します!

乳酸菌は胃酸で死菌になる

乳酸菌は菌であり、生き物です。

 

でも、人間の体は胃酸によって多く物が消化されます。
菌も胃酸によって死菌となります。

 

乳酸菌も死菌になりますが、悪い菌も死菌にしてくれるから、人間の体は多少のことでも健康でいられるわけです。

 

もし胃酸が働いていなかったら、もっと病気になりやすいでしょう。

 

 

ただ乳酸菌のいい菌も死菌にしてしまうので、乳酸菌にとっては胃酸はやっかいなものなんです。
乳酸菌は生きて腸まで届いたほうが効果が高いんですよね。

 

 

死菌になると健康への効果がなくなる?

乳酸菌は生きて腸まで届くと健康効果が高いとされています。
善玉菌を増やしやすいんです。

 

でも、死菌となった乳酸菌でも健康によい効果はあるとされています。
乳酸菌を配合した商品すべてが、生きた菌を配合しているわけでもありません。

 

死菌を配合した商品もあるので、死菌となっても健康には効果があるんです。

 

 

あくまで生きたまま乳酸菌が腸まで届くと効果が高いということです。

 

 

食後に胃酸が薄まるらしい

乳酸菌は食後に摂取するのがよいとされています。
それは食後は胃酸が薄まるらしいからです。

 

なので乳酸菌はいつ摂取してもいいのですが、よくあげられる時間帯として
「食後」
があります。

 

ただ食後に乳酸菌を摂取しても、効果が高いと感じることはありませんね。

 

 

食後に乳酸菌を摂取すれば効果が実感しやすくなるのかどうかは運次第。
結局、いつ摂取してもいいと思います。

 

胃酸が薄まるといっても、実際のところ乳酸菌が生きたまま腸まで届いているのかは確認の仕様がないですし。

 

 

メーカーはパッケージなんかに
「生きて腸まで届く!」
なんて書いている商品も多いです。

 

 

 

実際のところ、乳酸菌が生きて腸まで届いているのか?
それを確認するすべがないです。

 

だからメーカー側は、強気で
「生きて腸まで届く」
ということを、アピールしている気がします。

 

メーカー側も商品を売らないことにはどうにもなりませんからね。
メーカー側からすれば、他の人が乳酸菌で健康になろうと関係ありません。

 

とにかく商品が売れないとこまるわけで、いろいろなところが
「生きて腸まで届く」
と書いて、少しでも商品を魅力的にみせようとがんばっています。


ホーム RSS購読 サイトマップ