ヨーグルトでおなかがゴロゴロする 乳糖不耐症

【ヨーグルト】おなかがゴロゴロするのは乳糖が原因?下痢になる!牛乳よりはマシ?

【管理人おすすめの乳酸菌紹介記事はこちら】
管理人おすすめの乳酸菌を紹介します!

ヨーグルトでおなかがゴロゴロする

ヨーグルトを食べるとおなかがゴロゴロする(いう)人がいます。

 

 

よくこれは牛乳でいるんですよね。
「牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする」
という人がいたりします。

 

 

ヨーグルトだと牛乳よりはおなかがゴロゴロいう人が少ない気がします。
それは単純に牛乳がいろいろ叩かれているのに対して、ヨーグルトは優しい目で見られているからな気がします。

 

どうもアンチ牛乳というか、牛乳を大げさに叩く人がいたりするので。

 

 

牛乳に対して、ネガティブな評判を沢山目にすれば、牛乳を飲むと不安になって。
おなかがゴロゴロいったりすると
「牛乳のせいだ」
と思ったりするのだと思います。

 

 

最近は牛乳でおなかがゴロゴロする人向けの飲み物のアカディなんて製品もあったりします。
普通の牛乳ではおなかがゴロゴロする人は、アカディなら大丈夫だったりするのでしょうかね…。

 

 

で、ヨーグルトを食べてもおなかがゴロゴロしたり、下痢になったりする人がいたりします。
牛乳でおなかがゴロゴロ鳴るのは乳糖不耐症だからだというのが多く言われています。
定番説は牛乳には乳糖が配合されていて、人が乳糖不耐症だとおなかがゴロゴロするってわけですね。

 

 

でヨーグルトは牛乳よりは乳糖が少ないといわれているんですけど。
ヨーグルトにも乳糖が含まれているので、その影響があるかもしれません。

 

でも牛乳でお腹がゴロゴロするのも、乳糖不耐症がどうとかではなく。
単に牛乳へのイメージが悪いからだと思うんですけどね。

 

 

自分的にはヨーグルトって、乳酸菌を配合しているのでかなり健康的なイメージがあります。
テレビでも腸を健康にする重要性がいろいろ言われていますから。

 

現状ヨーグルトと牛乳では、ヨーグルトのほうが発酵食品な点もあり健康なイメージが強いです。
そういうところで、ヨーグルトでお腹がゴロゴロする人は少ないだけなんじゃないかと思っています。

 

ヨーグルトには乳酸菌が配合されていて。
乳酸菌の影響で、お腹がゴロゴロするっていう人もいますからね。

 

でも牛乳はやっぱりネットで情報を探しても、健康効果を否定している人もいたりして。
牛乳を悪くいう人も多いです。
そういうところから、牛乳を苦手としている人が多い気がします。
逆にヨーグルトは、悪いイメージが少ない分だけセーフでしょ。

 

 

 

 

 

ヨーグルトにも乳糖は含まれている

ネットで調べただけなんですけど、牛乳に含まれている乳糖は、ヨーグルトをつくるときに
【乳糖⇒乳酸】
こんな感じで乳糖から乳酸に変わるので、ヨーグルトには乳糖の量が少ないとされています。

 

 

でもいろいろ調べたところでは、牛乳よりは確かに乳糖の量が少ないらしいですけど。
ヨーグルトも牛乳よりちょっと少ないぐらいの乳糖の量が配合されているらしいです。

 

 

まぁ自分は牛乳を飲んでも、ヨーグルトを飲んでも、おなかがゴロゴロすることはないというか。
常におなかがゴロゴロしている気がするので。
なんか牛乳がどうとか、ヨーグルトがどうとか、そういう問題ではない気がします。

 

 

おなかがゴロゴロいうときもあれば、おなかがゴロゴロいわないときもあります。
おなかがゴロゴロいうときって、お腹の中がむずがゆい気がします。

 

おなかいっぱいなのに、まだ食べたいみたいな感じがあったりするっていうかな。
お腹がゴロゴロいうときって、おなかの調子が悪いというより、ストレスというかイライラしているときに多い気がします。
一度ゆっくり休めば、お腹のなりも治まる気がしますね。

 

 

話をもどして、牛乳には乳糖が配合されているから
「牛乳でおなかがゴロゴロする人はヨーグルトを食べよう!」
みたいなことも言われたりするみたいです。

 

でも結局牛乳の乳糖でおなかがゴロゴロしているのなら、ヨーグルトにも少なくとも乳糖が配合されているらしいので。
ヨーグルトでもおなかがゴロゴロする可能性ってあると思うんですよね。

 

でも牛乳ではおなかがゴロゴロするという人も、ヨーグルトでは大丈夫だったりすることもあります。
なので、相性なのか、精神的な影響なのか…。
まぁたしかに牛乳よりはヨーグルトのほうが乳糖は少ないわけなんですけどねぇ。

 

 

 

 

 

食べたり飲んだりすると、おなかがゴロゴロする

そもそも物を食べたり飲んだりすると、おなかがゴロゴロいうことってありますよ。
おなかが減っているわけでもなく、おなかの調子が悪いわけでもないんですけど。

 

物を食べたり飲んだりした後に、おなかがゴロゴロいうことがあります。
1人でいるとそんなに気にならないんですけど、大勢いるところでお腹がゴロゴロ言ったりするのはやっぱり恥ずかしいですよね。

 

 

こういうのは牛乳でもヨーグルトでも実際に食べたり飲んだりしないとどうなるのかわからないものだと思います。

 

食べ物でも、米でもパンでも、お腹がゴロゴロすることがあったりしますから。
ヨーグルトを食べた後にお腹がゴロゴロいうように感じるというのは、ヨーグルトを食べた後のお腹の調子が気になっているからかもしれません。

 

 

乳酸菌を大量に摂取すると、おなかがゆるくなるとか言われていますよね。
自分も乳酸菌を沢山摂取すると、おなかがゴロゴロいいやすい気がします。

 

でも、それもやっぱり
「乳酸菌を沢山摂取したけどどうなるのかな?」
と意識しているからな気がします。

 

別に普段からおなかがごろごろしても気にしないのに。
そういうときは、おなかの調子を気にしますよね。

 

 

もちろん、お腹に異常がなければ、別になにも思わないですけど。
乳酸菌を摂取した後に、たまたまお腹がゴロゴロいっていれば
「乳酸菌の影響かも」
と思ったりするものです。

 

 

もしヨーグルトを食べて下痢になっていたりするのなら、ヨーグルトを食べるのを中止したほうがいいと思いますけど。
おなかがゴロゴロするというのは、常におなかがゴロゴロするわけではないのなら、ヨーグルト以外のところに原因があるのかもしれません。
ヨーグルトの影響はあまり考えなくていいと思うんですけどねぇ。

 

 

牛乳やヨーグルトでおなかがゴロゴロすると思って避けている人も。
何年も経過して、牛乳やヨーグルトへのイメージがやわらいだときに食べたり飲んだりすれば、なにも影響がなかったりすると思います。

 

やっぱり思い込みって怖いというか、体に影響がでるものだと思います。
「ヨーグルトを食べたらおなかがゴロゴロする」
と思っているのなら、ヨーグルトは食べれないと思います。

 

まぁ相性ってところもあるのだと思いますけど。
やっぱり人間前評判っていうの?そういうのに弱いです。

 

だから人って評判のいいものやところに行きたがりますよね。
興味だけではなく、ポジティブなイメージを抱いている物や場所を好むわけですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ