豆乳+乳酸菌のヨーグルトとコレステロール

【乳酸菌】豆乳ヨーグルトとコレステロールの関係

【管理人おすすめの乳酸菌紹介記事はこちら】
管理人おすすめの乳酸菌を紹介します!

乳酸菌と豆乳

牛乳に乳酸菌を入れて作ったものがヨーグルト。
牛乳ではなく豆乳に乳酸菌を入れてヨーグルトを作ることもできるらしいです。

 

 

普通のヨーグルトは腸内環境を整える効果があるっていうのが定番ですけど。
豆乳ヨーグルトになると、コレステロールに効果があるって感じになっています。

 

これはおそらく牛乳より豆乳のほうがコレステロールがあーだこーだなんだと思います。
大豆のイソフラボンがコレステロールを低下させるとかそんな感じですね。

 

 

だから別に豆乳ヨーグルトだとコレステロールがあーだこーだではなく。
ふつうの豆乳だけでも、コレステロールに効果があるわけで。
乳酸菌はおまけみたいな気がするんですけど。
どうなんだろ。

 

 

なんかここ最近は、いろいろと乳酸菌やヨーグルトとか新商品がでてきて。
そんなに詳しく調べたりしないので、なんとなくで食べたりしています。

 

 

この前健康診断みたいなもので、コレステロールが高かったので。
ちょっと興味があるんですよね。

 

善玉コレステロールもすごく高いんですけど。
悪玉コレステロールもつられて高いんです。

 

 

うちの母は胆石で手術をしていて。
胆石ができやすいのが、コレステロールが高い人っていうことで。
まぁ自分も遺伝的にコレステロールが高い体質なんだと思います。
後はお菓子とか食べすぎかな。

 

 

 

 

 

豆乳でヨーグルトを作る価値

自分は牛乳と豆乳でいえば、牛乳のほうがよく飲みます。
豆乳はうちの母がまったく買わないので、わざわざ自分が購入してまで飲みたいと思うことは稀ですね。

 

 

我が家には、冷蔵庫には常に牛乳はあるって感じなんです。
でも豆乳があったら、それはめずらしいって感じです。
だから豆乳でヨーグルトを作ったりすることはありません。

 

 

でも家庭によっては
「我が家には豆乳が常に冷蔵庫にあります」
って感じなら、豆乳+乳酸菌でヨーグルトを作ってみるのもいいと思います。

 

 

 

まぁそんな自分で作らなくても、豆乳ヨーグルトとかありますから。
それを食べれば、豆乳+乳酸菌を摂取できますね。

 

牛乳と豆乳なら、豆乳のほうが健康効果が高いみたいなイメージですけど。
豆乳って甘くなっているものが定番なので、甘くないものを使わないといけない気がします。

 

 

豆乳も乳酸菌も健康にいいわけですけど。
冷静に考えると、大豆+菌って納豆な気がします。
納豆を食べれば、解決するのでは…。

 

 

自分は毎日ヨーグルトを食べていて、納豆は週4ぐらいで食べています。
ひきわり納豆が好きなんですけど。

 

そんな感じで腸内環境がここ最近は、やっとよくなってきました。
そんな生活を6,7年続けて、やっと腸内環境がよくなってきた感じですよ。

 

 

 

 

 

豆乳vs乳酸菌

豆乳+乳酸菌ではなく。
豆乳vs乳酸菌ではどうか?

 

自分はどちらかというと乳酸菌派です。
やっぱり豆乳は緑色のパッケージのやつがびっくりするほど甘いからなぁ。

 

 

自分は乳酸菌を配合していても、飲むヨーグルトはあまり認めていないんですよ。
飲むヨーグルトってすごく甘いから。

 

 

昔飲むヨーグルトとか、結構飲んでいたんですけど。
あまったるくて、体の調子がイマイチだったので、あまり買わなくなりましたね。

 

 

豆乳にもヨーグルトにもいえることですけど。
どちらもできあがったときは甘くないんですよ。

 

考えてみてください。
牛乳+乳酸菌でできたヨーグルトって甘くないですよね。
豆乳だって、基本は甘くないわけで、甘い豆乳はメーカーのほうで甘く味付けしているわけでしょ?
だから豆乳っていろいろな味のタイプがありますよね。

 

 

だから、なんていうの?
健康のために飲むのであったのなら、甘いはずがないんですよ。
納豆も甘くないですけど、タレとかしょうゆとかで味付けしますよね。

 

 

そのもの自体は健康によくても、味を調えるために甘くしたりするわけで。
自分はそれが余分だと思っています。

 

なので乳酸菌だけ摂取できるのなら、乳酸菌のほうがいいと思います。
豆乳も甘くないものを飲めばいいわけですけど。
それでも大豆の効果と、乳酸菌なら、自分は乳酸菌のほうを認めるかなぁ。

 

なんか大豆って健康にいいとされていますけど。
納豆という菌の力をプラスしたものぐらいではないと、健康への効果の信頼度が低い気がします。

 

 

自分も一時期おつまみ感覚で煎り大豆をポリポリ食べていましたけど。
なんかそれで大きく健康になったとかはあまり思わなかったからなぁ。

 

 

いやこの記事を読んでいて
「なんか中途半端な記事だな」
と思う人もいるかもしれませんけど。

 

健康なんて、絶対はないんですよ!

 

 

納豆は健康にいいと自分も思っていますけど。
「納豆は健康に効果が絶対ある!」
と断言できるのかどうかは、ちょっと疑問が残ります。

 

 

自分も納豆をよく食べていて、健康にいいと思っていますけど。
どんな効果があったのかと聞かれれば
「よくわからないけど、納豆を食べた後は体調が良い」
みたいな感じでしかないですからね。

 

まぁ油っぽい食べ物が健康に悪いだけで。
それと比べれば、納豆は食後の調子がよいって感じかな。

 

 

だから人間の健康なんていうものは、なんとなくの感覚でやっていくのがいいと思います。
自分は毎日ヨーグルトを食べていますし、ジョギングも週4,5でしています。

 

でもこれもなんとなくです。
やったほうが調子がいいように感じるからやっています。

 

 

かといって、冬は外が寒かったり、氷が張っていたり、雪が積もっていてジョギングできなかったりしますけど。
ジョギングしなかったら、体調が悪くなったとかも特にないわけです。

 

でも1年ずっと体を動かさないとなると、さすがに体がだるくなるので。
なのでジョギングをするようになったわけですけど。

 

 

そう思ったら乳酸菌も豆乳も、ちょっとした+αでしかないのかもしれません。
さっきもちょっと書きましたけど、豆乳ヨーグルトはコレステロールに効果があるとされていますけど。

 

豆乳ヨーグルトとか食べるよりも、お菓子を食べなくしたほうがよっぽどコレステロールに効果が高いと思うんです。

 

そして健康に良い物は乳酸菌と豆乳しかないってわけでもありません。
えーと簡単にいえば、海藻のぬめり成分のフコイダンとか最近健康にいいとされていますし。
トマトとかも健康にいいって言われていますよね。

 

ああああ!
最近は特にくるみが血液さらさらにするから健康にいいってテレビでよく言われていますよね。

 

 

じゃあ、乳酸菌摂取して、豆乳も飲んで。
海藻を食べつつ、デザートにトマトを食べて、ちょっとしたおやつにくるみを食べれば健康に慣れるのかというと。
そんな保障というか、絶対健康に慣れるなんて断言は出来ないわけですよね。

 

でもそういう健康に良いってことをすることは、可能性的にはいいことなわけで。
やって損はないと思います。
どれの健康効果が上なのかって言われれば、その人の判断になると思いますけど。

 

 

自分は食べ物では、やっぱり納豆がかなり上位に来ると思います。
後は、ホットのお茶ですね。
あたたかいお茶はかなり健康にいいものだと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ