乳酸菌とりすぎ

乳酸菌男の乳酸菌の真実!乳酸菌のとりすぎのメリットデメリット

【管理人おすすめの乳酸菌紹介記事はこちら】
管理人おすすめの乳酸菌を紹介します!

乳酸菌は手軽かつ安い!コスパが高い健康対策

乳酸菌はコストパフォーマンスが高い!!

 

 

 

今の世の中、健康に食べ物なんてそんなに多くないから。

 

乳酸菌が健康にいいというのは、とても助かることだよ。


 

乳酸菌の健康効果をあーだこーだいう人もいますけど、乳酸菌の摂取ほど楽にかつ安く健康になれる方法もないです。
そりゃー、文句をつけようとおもえば文句をつけれますよ。

 

「ジョギングをすれば健康になれる」と言っても、人によっては
「めんどくさい」という理由でジョギングを毎日する人なんて一部ですよね。

 

自分は毎日ジョギングしていますけどね。
雨降っているときはもちろんしませんけど。

 

 

人間、乳酸菌の摂取だけで健康を保っていられるわけではないからね。

 

適度な運動もしないと、運動不足では体調を崩しますよ。


 

乳酸菌の摂取なんて簡単すぎます。
ヨーグルトを食べればいいだけですから。

 

 

最近は乳酸菌を配合した整腸薬やサプリメントも多いので、乳酸菌の摂取は簡単に続けられます。
さらにそれほど出費もかかりません。

 

 

ヤクルトで考えると1本消費税込みで43円ぐらいですか…。
それを1ヶ月の30日続けたとしても1500円もあればおつりがきます。

 

「1ヶ月1500円の出費が高い」という人は知りません。
乳酸菌摂取の健康対策に興味を持ったことが間違いです。
無料でできる健康対策も数多くありますから、そっちについて調べるべきです。

 

 

いやなら無理して乳酸菌を摂取する必要はない!

 

乳酸菌を摂取するのかは自由です。
本人の気がのらないのなら、乳酸菌を摂取する必要はないです。


 

乳酸菌摂取の健康対策というのは総合的に考えて

コストパフォーマンスが高い健康対策

なんです。
命尽きるまで続けたい健康対策です。

 

 

 

 

 

乳酸菌のとりすぎの良い点悪い点

最近は乳酸菌の量を増やした商品が増えています。
代表的な商品にヤクルト400があります。

 

 

乳酸菌シロタ株の量を増やしたヤクルトなんですが、冷静に考えれば

 

「普通のヤクルトを2本飲めばそれですむだろ」

 

って思います。
でも、勢いで「乳酸菌の数が多いんです!」なんていわれると、ヤクルトを2本飲むことさえも思いつきません。

 

 

まぁ、そういうのは別にいいんですよ。
ヤクルト2本飲むのは、「カロリーが気になる!」って人もいるでしょうから。

 

ヤクルト2本飲むよりは、ヤクルト400を1本飲むほうが値段的にも安いでしょうし。
いやヤクルト2本飲んだほうが、ヤクルト400を1本飲むより乳酸菌は沢山摂取できるんですけど。

 

 

で、乳酸菌の量を増やした商品が増えていますが

 

乳酸菌ってとりすぎても大丈夫なの?

 

ってことになるんです。

 

自分の体験では

 

乳酸菌を取りすぎて調子を崩したことはない

 

です。
ネットで調べれば一般論が展開されていて

 

「乳酸菌を取りすぎても大丈夫!」

 

みたいな人が多いですけど、んなことは知ったこっちゃないです。

 

自分はヨーグルトを結構ばくばく食べていますけど、それで体調を崩したりしたことはないですね。
まぁヨーグルトは冷蔵保存なので、冷たいです。

 

だからヨーグルトを一度に食べるのはよくないです。
おなかが冷えるから。
でも回数を分けて、1日10回ヨーグルトを少量食べても特に問題ないです。

 

絶対に大丈夫というわけでもないですが

 

乳酸菌をとりすぎるメリットが特にないんですよ

 

だからなぜ乳酸菌をとりすぎるような状況になるのかが不明です。

 

実際乳酸菌の数を多く摂取すると効果も高いのかは不明です。
乳酸菌の数を多く摂取すると効果も高いという話はあまり聞きませんよね。

 

 

 

 

 

乳酸菌をとりすぎても効果が高いわけではない理由

乳酸菌は少ない数よりは、多めに摂取したほうがいいかもしれません。
でも乳酸菌の大量摂取が健康効果を高くする可能性は低いと思っています。

 

 

もし乳酸菌のとりすぎることで効果が高くなるのなら

 

乳酸菌サプリ1ヶ月分を1日で食べれば効果が高い

 

ということになります。

 

 

そんなことやったことがありませんが、その理屈はやっぱりおかしいです。

 

 

人間食べ放題でどんなに大量に食べたとしても、太るのには限界がありますし、次の日になっていればおなかがすいています。

 

人間どんなに沢山食べても、食いだめみたいなことはできませんよね。
乳酸菌もどんなに大量に摂取しても、効果が高くないと感じるのはそういうところかもしれません。

 

 

そもそも乳酸菌は

 

腸を助ける栄養素

 

みたいなものだと自分は思っています。
腸は人間生活していると疲れます。

 

なのでどんなに大量に摂取しても、時間の経過とともに乳酸菌の効果はなくなってしまうわけです。

 

 

つまり乳酸菌は

量を増やすより、摂取する回数を増やすことが重要

なわけです。
別に大量に乳酸菌を摂取してもいいですけど、その分出費も増えてきます。

 

だから乳酸菌のとりすぎというのは、特にメリットがないわけです。
危険もないが、メリットもない。
そう覚えておくといいと思います。

 

人間なんでも積み重ねが大事なんです。
1日どんなにがんばったとしても、人間の体に与える影響は限られるものです。

 

毎日こつこつやっている人のほうが、何事もうまいですよね。

 

 

 

 

 

 

乳酸菌にはいろいろな種類がある

乳酸菌はいまではいろいろな種類があり
乳酸菌の種類によって効果が違うとされています。

 

 

乳酸菌で有名なところになると

  • ビフィズス菌
  • 植物性乳酸菌
  • L-92乳酸菌
  • 乳酸菌シロタ株
  • LG21

これらの乳酸菌は有名ですから、聞いたことがある人もいるでしょう。

 

ただ、いろいろな乳酸菌がありますが
その乳酸菌の特徴を知っている人は少ないように思います。

 

 

なんとなく、乳酸菌はおなかによさそうだとか
アレルギーにいいとか、便通がよくなるだとか聞いて
ためしにヨーグルトを食べたりする人が多いのではないでしょうか。

実際それでいいと思います。

種類や効果を知ったところで、乳酸菌というのは
人との相性により、効果がでるかでないか決まるところが大きいですし
知識がなかったとしても

乳酸菌を断続して摂取すれば、健康に良い効果がでる

のが乳酸菌ですからね。

 

 

 

 

 

乳酸菌に知識があっても乳酸菌を摂取しないのならどうにもならない

むしろ、変に知識がある人もヨーグルトを断続して食べれるのかは別問題なので
乳酸菌に知識がある人より、よっぽどヨーグルト好きの人のほうが
ヨーグルトを食べ続けて、乳酸菌の効果を実感することは多いと思います。

 

 

 

乳酸菌はいろいろな種類があったり、人との相性で効果が決まるとされているけど、大事なことは乳酸菌を摂取すること!

 

いくら知識があっても、乳酸菌の摂取が続けられないならどうにもならないよ。


 

ただそんなことを言っては、ここでこのサイトが終了してしまうので
乳酸菌の種類や効果や、乳酸菌を配合している代表的な製品
ヨーグルトの魅力などをこのサイトでは語っています。

 

乳酸菌で健康な体を手に入れましょう!

 

 

 

 

 

 

困ったのならヤクルトでも飲めばいい

ヤクルトは多くの人が知っているでしょ?

 

むしろヤクルトを知らない人ってほとんどいないのでは?

 

 

 

プロ野球チームのヤクルトスワローズがあるあのヤクルトですよ。
おじいちゃん、おばあちゃん家の冷蔵庫に行くとよくあるあのヤクルトです。

 

 

ヤクルトは1本40円(税別)ですから、1本43円ぐらいですか?
増税がきっついですね。

 

でも、1日43円で乳酸菌シロタ株を摂取できるのなら

 

そのぐらいなら誰でもできるでしょ!?

 

スーパーにいけばヤクルトは売っています。
色気をだして
「ヤクルト400が効果が高いって聞いたんだけど」
みたいなことを考える必要はないです!

 

 

そういうふうに色気だす人は、乳酸菌摂取が続かないです。
ヤクルト400が効果が高いのなら、1日ヤクルト2本飲めばそれですむことでしょ。

 

 

乳酸菌は摂取する量ではなく、断続して摂取するのが大事なのに、なぜ乳酸菌の量をアピールされたら魅力的に感じるのか?
そこの意識をどうにかしたほうがいい人も多いかもしれません。

 

乳酸菌摂取でも楽をしようとするのはNGです。
乳酸菌の効果に期待するより、乳酸菌を断続して摂取することを考えてください。

 

ヨーグルトや乳酸菌飲料って好みもありますが、おいしいものなので、断続するのが苦痛に感じる人は少ないと思います。
やっぱりお金がかかる点や、買うのがめんどくさいという点で続かないんでしょうね。

 

 

 

 

 

乳酸菌は量か?それとも質か?

乳酸菌沢山の量を摂取すべきか?
それとも質の高い乳酸菌にこだわるべきか?

 

 

両方にこだわるのが一番いいのかもしれませんが、一番大事なのは

 

断続して乳酸菌を摂取すること

 

でしょ?

 

もし乳酸菌の量や質で効果が決まるのなら、毎日質の高い乳酸菌が入った乳酸菌サプリメントを

 

1ヶ月分いっきに食べればそれですむこと

 

です。
そんな馬鹿な。

 

乳酸菌の量や、乳酸菌の質にこだわるのもいいと思いますが、結局断続して乳酸菌を摂取できないのなら、まずは断続して乳酸菌を摂取することを考えたほうがいいです。

 

ジョギングだって、スタミナをつけるのなら断続してやらないといけませんよね。
勉強だって一夜漬けには限界があります。

 

勉強については異論もあると思いますけどね。
でもどんなに徹夜で勉強をしたとしても、限界みたいなものがありますよ。

 

 

 

 

 

健康な人ほど乳酸菌摂取が続き、健康を軽視する人ほど続かない

自分は毎日ヨーグルトを食べていますが、別にどこか体調が悪いとかそういうことではないです。

 

でも多くの人は
「便秘だから乳酸菌」
「花粉症だから乳酸菌」
「アトピーだから乳酸菌」
そんな感じで、どこか悪いところがあって乳酸菌を摂取する人が多いです。

 

 

別にそれは悪くないと思いますが

 

乳酸菌ってそんなすぐに効果を発揮するほど甘いものではない

 

と自分は思っています。
でも、乳酸菌を摂取することはいいことですよ。

 

一時的でもいいから乳酸菌を摂取するというのは、いい心がけです。
そこから、乳酸菌の摂取が断続できる人もいるでしょうからね。

 

せっかく毎日乳酸菌を摂取するようになったのなら、乳酸菌の摂取をやめてしまうのはもったいないと思います。

 

健康でも乳酸菌の摂取を続けて良いんです。
「体調が悪いから乳酸菌」
というのは悪いことではないですが、ちょっとずれているようにも感じます。

 

たしかに乳酸菌の摂取はお金がかかることは事実です。
でも、健康より大事なものはないでしょ。

 

 

 

 

乳酸菌は人との相性で決まるので、絶対的に効果が高いものはない

好きな食べ物って、みんな同じですか?
違いますよね。

 

 

たしかに同じ好みの人もいますが、基本人それぞれ一番好きな食べ物は違います。

 

 

乳酸菌もいろいろな種類がありますが、人によってあう乳酸菌が違うとされています。
そこらへんは自分で実際に乳酸菌を摂取して確認するしかないです。

 

でも、食べ物だってそういうものでしょ?
ラーメンを食べていない人が
「この世でラーメンが一番うまい!」
というのはおかしいですよね。

 

乳酸菌も摂取していないのに
「○○乳酸菌が一番効果が高い!」
というのはおかしいんです。

 

乳酸菌の効果を知るためには、自分が乳酸菌を摂取するのが一番です。

 

どんなに口コミや評判、体験談をみても、自分が実際に乳酸菌を摂取しないことには、効果のほどはわかりません。


ホーム RSS購読 サイトマップ